一般名 ジメチコン錠 規格 40mg1錠
薬効 2318
個々の器官系用医薬品
消化器官用薬
止しゃ剤,整腸剤
ジメチコン製剤
薬価 5.60
区分 製造メーカー キッセイ薬品
販売メーカー キッセイ薬品
用法/用量 1.胃腸管内のガスに起因する腹部症状の改善に使用する場合:ジメチルポリシロキサンとして、1日120〜240mgを食後又は食間の3回に分割経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。
2.胃内視鏡検査時における胃内有泡性粘液の除去に使用する場合:検査15〜40分前にジメチルポリシロキサンとして、40〜80mgを約10mLの水とともに経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。
3.腹部X線検査時における腸内ガスの駆除に使用する場合:検査3〜4日前よりジメチルポリシロキサンとして、1日120〜240mgを食後又は食間の3回に分割経口投与する。なお、年齢、症状により適宜増減する。
効能/効果 1.胃腸管内のガスに起因する腹部症状の改善。
2.胃内視鏡検査時における胃内有泡性粘液の除去。
3.腹部X線検査時における腸内ガスの駆除。
副作用 ジメチルポリシロキサンが投与された総計2,546例中16例(0.63%)に副作用がみられた。主なものは胃腸症状で、軟便8例(0.31%)、胃部不快感4例(0.16%)、下痢3例(0.12%)、腹痛3例(0.12%)などであった。臨床検査については異常な変動を認めた症例はなかった(再評価終了時)。
1.消化器:(0.1〜5%未満)軟便、胃部不快感、下痢、腹痛、(0.1%未満)嘔吐、嘔気、食欲不振、胃部重圧感。
2.その他:(0.1%未満)頭痛。
使用上の注意 (適用上の注意)
1.薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。
2.調製時:フェノバリン等のフェノールフタレイン系薬剤との配合によりピンク色に着色するが、薬効には影響しない。
このページの最初に戻る
ガスコン錠40mg
この医薬品についてもっと学ぶ!
※サイト内のページ遷移です。外部サイトには遷移しません。
「MEDCROSS」で調べる!
http://www.medcross.jp のサイトに移動します。





 
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote