一般名 精製ツベルクリン 規格 (一般診断用・1人用)0.25μg1瓶(溶解液付)
薬効 6393
病原生物に対する医薬品
生物学的製剤
その他の生物学的製剤
精製ツベルクリン
薬価 817.00
区分 製造メーカー 日本ビーシージー製造
販売メーカー 日本ビーシージー製造
用法/用量 1.添付の溶解液の全量を吸い上げ、標準品0.25μg相当量入りの本剤に注入して溶解し、0.5μg相当量/mLの精製ツベルクリン溶液をつくる。
2.精製ツベルクリン溶液0.1mLを前膊(前腕)屈側のほぼ中央部又は上膊(上腕)屈側の中央からやや下部の皮内に注射し、注射後およそ48時間後に判読する。
<用法及び用量に関連する使用上の注意>
1.判読:注射後およそ48時間後に判読する(判読の基準は次のとおり、但し、1mm未満は四捨五入する)。
反応が発赤の長径9mm以下:陰性(−)。
反応が発赤の長径10mm以上:陽性[弱陽性](+)。
反応が発赤の長径10mm以上で硬結を伴うもの:陽性[中等度陽性](++)。
反応が発赤の長径10mm以上で硬結に二重発赤、水疱、壊死等を伴うもの:陽性[強陽性](+++)。
2.次のような条件下において、ツベルクリン反応が弱められることが知られている:高齢、栄養不良、細胞性免疫異常、悪性腫瘍、重症結核あるいは急激に進展する時期の結核(粟粒結核・胸膜炎・髄膜炎・重症肺結核等)、ウイルス感染症(麻しん・風しん・インフルエンザ・ポリオ・水痘等)又はそれらの生ワクチン接種、膠原病、ホジキン病、サルコイドーシス、(免疫抑制剤投与中において、ツベルクリン反応が弱められる・副腎皮質ホルモン剤投与中において、ツベルクリン反応が弱められる・制癌剤投与中において、ツベルクリン反応が弱められる)等薬剤投与中において知られている。
効能/効果 結核の診断に用いる。
副作用 その他の副反応
1.過敏症:まれに注射直後から過敏症状としてそう痒、紅斑、発疹、蕁麻疹等が現れることがある。
2.局所症状:局所反応が特に強いときは、水疱、壊死等を生じることがあるが、適切な措置により消失する(注射部位に、水疱、壊死等が生じた場合は、水疱の内容液を無菌的に除き、局所殺菌剤を塗布し、包帯して清潔を保つようにする)。
使用上の注意 (原則禁忌)
1.明らかな発熱を呈している者。
2.重篤な急性疾患にかかっていることが明らかな者。
3.蔓延性の皮膚病にかかっている者。
4.ツベルクリン反応検査においてツベルクリン反応が水疱、壊死等の非常に強い反応を示したことのある者。
5.副腎皮質ホルモン剤使用中の者。
6.前記に掲げる者のほか、ツベルクリン反応検査を行うことが不適当な状態にある者。

(相互作用)
1.併用禁忌:副腎皮質ホルモン剤(プレドニゾロン等)<軟膏の注射部位以外の局所的塗布を除く>[正確な反応が出ない恐れがあるので、本剤を使用しない(サイトカインの産生を抑えるなどリンパ球の機能を抑制する(副腎皮質ホルモン剤投与中の者、特に副腎皮質ホルモン剤の長期投与中又は副腎皮質ホルモン剤の大量投与中の者、又は副腎皮質ホルモン剤投与中止後6カ月以内の者))]。
2.併用注意:麻しんワクチン等の生ワクチン:麻しんワクチン等生ワクチン接種後1カ月以内はツベルクリン反応が弱められる。

(適用上の注意)
1.精製ツベルクリン溶液の調製:添付の溶解液で精製ツベルクリンを溶解し、0.5μg相当量/mLの濃度の精製ツベルクリン溶液を調製する。
2.注射部位:注射部位は、前膊(前腕)屈側のほぼ中央部、又は上膊(上腕)屈側の中央からやや下部とし、注射部位をアルコール綿で拭い消毒してから、皮膚を緊張させ、皮内に正確に注射する。なお、同一部位に反復してツベルクリン注射をすると促進反応を起こしやすいので、常に新しい部位に行う。
3.被検者又はその保護者に、注射部位をもんだり、こすったりしないように注意するよう指導する。

(取扱い上の注意)
1.使用前の準備:注射には、滅菌されたディスポーザブルのツベルクリン専用の注射筒(1mL用)及び注射針(26G〜27G)を用い、他の注射に使用したものは絶対に用いない。
2.精製ツベルクリンのとかし方:
1).精製ツベルクリンバイアル中に白い乾燥製剤が入っていることを確認し、バイアル頭部のプラスチック製上ブタをはずし、ゴム栓及びその周辺をアルコール綿で消毒する(乾燥製剤はいくつかの塊になっていたり、一部が容器内壁に膜状に付着していることがあるが、使用上差し支えない)。
2).溶解液アンプルは、頚の部分をアルコール綿で清拭し、カットマークを上にして正しく反対側に折る。
3).ツベルクリン専用の注射筒(1mL用)及び注射針を用意して、アンプル中の溶解液を全量吸い上げ、注射針を精製ツベルクリンバイアル頭部のゴム栓に刺し通し全量を静かに注入する。この操作に当たっては雑菌が迷入しないよう注意する。また、栓を取り外し、あるいは他の容器に移し使用してはならない。
4).溶解液を注入すると精製ツベルクリンは瞬時にとけて無色の澄明な精製ツベルクリン溶液ができる。
3.本剤は1本につき被検者1人にのみ使用し、残液は廃棄する。
4.溶解後は、熱に対して不安定となり、またバイアル内壁に精製ツベルクリンの一部が吸着して力価の減弱を来すので、なるべく早く使用し、保存しない。
5.バイアルから精製ツベルクリン溶液を吸引する際、別に注射針を1本ゴム栓に刺しておくか、バイアル内に空気を十分入れておくと楽に吸引できる。

(保管上の注意)
10℃以下。
このページの最初に戻る
一般診断用精製ツベルクリン(PPD)1人用
この医薬品についてもっと学ぶ!
※サイト内のページ遷移です。外部サイトには遷移しません。
「MEDCROSS」で調べる!
http://www.medcross.jp のサイトに移動します。





 
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote