薬効 1190 その他の中枢神経系用薬
一般名 ガバペンチン エナカルビル錠 英名 Regnite
剤形 薬価 101.30
規格 300mg1錠 メーカー アステラス製薬
毒劇区分
効能・効果 (中等度から高度の特発性レストレスレッグス症候群、中等度から高度の特発性下肢静止不能症候群)
使用制限等
1. 類薬で過敏症の既往歴、本剤成分又は含有成分で過敏症の既往歴、高度腎機能障害、クレアチニンクリアランス30mL/min未満 記載場所: 使用上の注意
注意レベル: 禁止
2. 軽度腎機能障害、クレアチニンクリアランス60mL/min以上90mL/min未満 記載場所: 用法・用量
注意レベル: 慎重投与
3. 軽度から中等度腎機能障害 記載場所: 使用上の注意
注意レベル: 慎重投与
4. 中等度腎機能障害、クレアチニンクリアランス30mL/min以上60mL/min未満 記載場所: 用法・用量
注意レベル: 注意
5. 精神疾患、てんかん 記載場所: 使用上の注意
注意レベル: 注意
副作用等
1. 急性腎不全、皮膚粘膜眼症候群、Stevens−Johnson症候群、薬剤性過敏症症候群、発疹、発熱、肝機能障害、臓器障害、リンパ節腫脹、白血球増加、好酸球増多、異型リンパ球出現、遅発性の重篤な過敏症状、肝炎、黄疸、横紋筋融解症、筋肉痛、脱力感、CK上昇、CPK上昇、血中ミオグロビン上昇、尿中ミオグロビン上昇 記載場所: 重大な副作用
頻度: 頻度不明
2. 傾眠、浮動性眩暈 記載場所: その他の副作用
頻度: 5%以上
3. 好酸球数増加、血小板数増加、動悸、回転性眩暈、霧視、悪心、口内乾燥、下痢、便秘、鼓腸、消化不良、腹部不快感、嘔吐、上腹部痛、腹痛、胃食道逆流性疾患、疲労、易刺激性、体重増加、異常感、酩酊感、末梢性浮腫、倦怠感、無力症、体重減少、ALT上昇、GPT上昇、γ−GTP上昇、AST上昇、GOT上昇、CK上昇、CPK上昇、食欲亢進、尿酸上昇、四肢痛、筋肉痛、筋痙縮、関節痛、背部痛、頭痛、鎮静、平衡障害、注意力障害、錯感覚、振戦、嗜眠、味覚異常、構語障害、運動失調、失見当識、欝病、不眠症、不安、リビドー減退、異常な夢、BUN上昇、発疹、皮膚そう痒症、高血圧 記載場所: その他の副作用
頻度: 5%未満
4. 体重増加 記載場所: 使用上の注意
頻度: 頻度不明
5. 体重増加、肥満、霧視、眼調節障害、眼障害、母動物体重減少、毒性増強、早産、流産、胎仔低体重、新生仔生存率低下、新生仔低体重、精神運動制止遅滞、回転性眩暈、鎮静、傾眠、発がん性、膵臓腺房細胞腫瘍、膵臓腺房細胞腺腫、膵臓腺房細胞腺癌 記載場所: 使用上の注意
頻度: 頻度不明
6. 自殺念慮、自殺企図、眼に関する副作用 記載場所: 使用上の注意
頻度: 5%未満
相互作用
1. 薬剤名等: アルコール<服用> 発現事象: 本剤の徐放性が失われる
理由・原因: in vitroの溶出試験において、アルコール存在下で徐放錠から成分が急速に溶出
投与条件: 同時
指示: 禁止
2. 薬剤名等: モルヒネ 発現事象: 活性代謝物であるガバペンチンのCmaxが24%増加、活性代謝物であるガバペンチンのAUCが44%増加、ガバペンチンの血中濃度が上昇、傾眠等の中枢神経抑制症状
理由・原因: モルヒネにより消化管運動が抑制され、本剤の吸収が増加
投与条件:
指示: 注意
このページの最初に戻る
レグナイト錠300mg
この医薬品についてもっと学ぶ!
※サイト内のページ遷移です。外部サイトには遷移しません。
「MEDCROSS」で調べる!
http://www.medcross.jp のサイトに移動します。





 
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote