薬効 2329 その他の消化性潰瘍用剤
一般名 ランソプラゾール錠 英名 Lansoprazole-OD
剤形 薬価 34.80
規格 15mg1錠 メーカー テバ製薬
毒劇区分
効能・効果 (Zollinger−Ellison症候群、胃潰瘍、逆流性食道炎、十二指腸潰瘍、非糜爛性胃食道逆流症、吻合部潰瘍)、(ヘリコバクター・ピロリ感染胃炎、胃MALTリンパ腫、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、特発性血小板減少性紫斑病、早期胃癌に対する内視鏡的治療後胃)のヘリコバクター・ピロリの除菌の補助
使用制限等
1. 本剤成分又は含有成分で過敏症の既往歴、アタザナビル硫酸塩投与中、リルピビリン塩酸塩投与中 記載場所: 使用上の注意
注意レベル: 禁止
2. 薬物過敏症の既往、肝障害 記載場所: 使用上の注意
注意レベル: 慎重投与
3. 進行期胃MALTリンパ腫、早期胃癌に対する内視鏡的治療後胃以外 記載場所: 効能・効果
注意レベル: 注意
副作用等
1. アナフィラキシー反応、全身発疹、顔面浮腫、呼吸困難、ショック、汎血球減少、無顆粒球症、溶血性貧血、顆粒球減少、血小板減少、貧血、黄疸、AST上昇、GOT上昇、ALT上昇、GPT上昇、重篤な肝機能障害、中毒性表皮壊死融解症、Toxic Epidermal Necrolysis、TEN、皮膚粘膜眼症候群、Stevens−Johnson症候群 記載場所: 重大な副作用
頻度: 頻度不明
2. 間質性肺炎、発熱、咳嗽、呼吸困難、肺音異常、捻髪音 記載場所: 重大な副作用
頻度: 頻度不明
3. 間質性腎炎、急性腎不全 記載場所: 重大な副作用
頻度: 頻度不明
4. 過敏症、発疹、そう痒、多形紅斑、AST上昇、GOT上昇、ALT上昇、GPT上昇、Al−P上昇、LDH上昇、γ−GTP上昇、好酸球増多、便秘、下痢、口渇、腹部膨満感、悪心、嘔吐、食欲不振、腹痛、カンジダ症、味覚異常、口内炎、舌炎、大腸炎、collagenous colitis、下痢が継続、腸管粘膜縦走潰瘍、腸管粘膜糜爛、腸管粘膜易出血、下血、血便、頭痛、眠気、欝状態、不眠、眩暈、振戦、発熱、総コレステロール上昇、尿酸上昇、女性化乳房、浮腫、倦怠感、舌のしびれ感、口唇のしびれ感、四肢のしびれ感、筋肉痛、脱毛、かすみ目、脱力感、関節痛、低ナトリウム血症、低マグネシウム血症、軟便、胸やけ、胃食道逆流、ビリルビン上昇、好中球減少、白血球増多、貧血、血小板減少、しびれ感、トリグリセリド上昇、総コレステロール低下、尿蛋白陽性、尿糖陽性、排便回数増加 記載場所: その他の副作用
頻度: 頻度不明
5. 胎仔死亡率増加、母動物での毒性増強、胎仔発育抑制増強、視力障害、良性精巣間細胞腫、胃のカルチノイド腫瘍、網膜萎縮、骨粗鬆症、股関節骨折、手関節骨折、脊椎骨折、骨折、胃腸感染 記載場所: 使用上の注意
頻度: 頻度不明
相互作用
1. 薬剤名等: アタザナビル硫酸塩<経口> 発現事象: 作用を減弱
理由・原因: 本剤の胃酸分泌抑制作用によりアタザナビル硫酸塩の溶解性が低下し、アタザナビルの血中濃度が低下
投与条件:
指示: 禁止
2. 薬剤名等: リルピビリン塩酸塩<経口> 発現事象: 作用を減弱
理由・原因: 本剤の胃酸分泌抑制作用によりリルピビリン塩酸塩の吸収が低下し、リルピビリンの血中濃度が低下
投与条件:
指示: 禁止
3. 薬剤名等: テオフィリン 発現事象: 血中濃度が低下
理由・原因: 本剤が肝薬物代謝酵素を誘導し、テオフィリンの代謝を促進
投与条件:
指示: 注意
4. 薬剤名等: タクロリムス水和物 発現事象: 血中濃度が上昇
理由・原因: 本剤が肝薬物代謝酵素におけるタクロリムスの代謝を競合的に阻害
投与条件:
指示: 注意
5. 薬剤名等: ジゴキシン<経口> 発現事象: 作用を増強
理由・原因: 本剤の胃酸分泌抑制作用によりジゴキシンの加水分解が抑制され、ジゴキシンの血中濃度が上昇
投与条件:
指示: 注意
6. 薬剤名等: メチルジゴキシン<経口> 発現事象: 作用を増強
理由・原因: 本剤の胃酸分泌抑制作用によりジゴキシンの加水分解が抑制され、ジゴキシンの血中濃度が上昇
投与条件:
指示: 注意
7. 薬剤名等: イトラコナゾール 発現事象: 作用を減弱
理由・原因: 本剤の胃酸分泌抑制作用により併用薬剤の血中濃度が低下
投与条件:
指示: 注意
8. 薬剤名等: ゲフィチニブ 発現事象: 作用を減弱
理由・原因: 本剤の胃酸分泌抑制作用により併用薬剤の血中濃度が低下
投与条件:
指示: 注意
9. 薬剤名等: メトトレキサート 発現事象: 血中濃度が上昇
理由・原因:
投与条件:
指示: 注意
10. 薬剤名等: フェニトイン 発現事象: 代謝・排泄が遅延することが類薬<オメプラゾール>で報告
理由・原因:
投与条件:
指示: 注意
11. 薬剤名等: ジアゼパム 発現事象: 代謝・排泄が遅延することが類薬<オメプラゾール>で報告
理由・原因:
投与条件:
指示: 注意
このページの最初に戻る
ランソプラゾールOD錠15mg「タイヨー」
この医薬品についてもっと学ぶ!
※サイト内のページ遷移です。外部サイトには遷移しません。
「MEDCROSS」で調べる!
http://www.medcross.jp のサイトに移動します。





 
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote