薬効 2339 その他の健胃消化剤
一般名 ジアスターゼ・生薬配合剤散 英名 FK
剤形 薬価 6.20
規格 1g メーカー 扶桑薬品
毒劇区分
効能・効果 (胃もたれ、胃部不快感、食欲不振、嘔気、嘔吐、消化器症状)の改善
使用制限等
1. 本剤成分又は含有成分で過敏症の既往歴、透析療法、高ナトリウム血症、ナトリウム摂取制限、妊娠中毒症、浮腫、高カルシウム血症、甲状腺機能低下症、副甲状腺機能亢進症 記載場所: 使用上の注意
注意レベル: 禁止
2. 腎不全、重篤な消化管潰瘍、心機能障害、肺機能障害、リン酸塩低下、低クロル性アルカローシス、電解質失調 記載場所: 使用上の注意
注意レベル: 慎重投与
副作用等
1. ショック、アナフィラキシー様症状 記載場所: 重大な副作用
頻度: 頻度不明
2. 腎結石、尿路結石、代謝異常、高マグネシウム血症、便秘、アルミニウム脳症、アルミニウム骨症、過敏症、発疹、低カリウム血症、血圧上昇、体重増加、浮腫 記載場所: その他の副作用
頻度: 頻度不明
3. アルミニウム脳症、アルミニウム骨症 記載場所: 使用上の注意
頻度: 頻度不明
相互作用
1. 薬剤名等: 活性型ビタミンD 発現事象: 高カルシウム血症
理由・原因: これらの薬剤は腸管でのカルシウム吸収を促進
投与条件:
指示: 注意
2. 薬剤名等: テトラサイクリン系抗生物質<服用>等 発現事象: 効果が減弱
理由・原因: 消化管内で難溶性のキレートを形成し、これらの薬剤の吸収を阻害
投与条件:
指示: 注意
3. 薬剤名等: ニューキノロン系抗菌剤<服用> 発現事象: 効果が減弱
理由・原因: 消化管内で難溶性のキレートを形成し、これらの薬剤の吸収を阻害
投与条件:
指示: 注意
4. 薬剤名等: 大量の牛乳 発現事象: アルカローシス、高カルシウム血症、高窒素血症、Milk−alkali syndrome
理由・原因:
投与条件:
指示: 注意
5. 薬剤名等: カルシウム製剤 発現事象: アルカローシス、高カルシウム血症、高窒素血症、Milk−alkali syndrome
理由・原因:
投与条件:
指示: 注意
6. 薬剤名等: 併用薬剤<服用> 発現事象: 吸収・排泄に影響
理由・原因: 本剤の吸着作用又は消化管内・体液のpH上昇
投与条件:
指示: 注意
このページの最初に戻る
FK配合散
この医薬品についてもっと学ぶ!
※サイト内のページ遷移です。外部サイトには遷移しません。
「MEDCROSS」で調べる!
http://www.medcross.jp のサイトに移動します。





 
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote