薬効 2590 その他の泌尿生殖器官及び肛門用薬
一般名 タムスロシン塩酸塩錠 英名 Harnal D
剤形 薬価 134.10
規格 0.2mg1錠 メーカー アステラス製薬
毒劇区分
効能・効果 前立腺肥大症の排尿障害
使用制限等
1. 本剤成分又は含有成分で過敏症の既往歴 記載場所: 使用上の注意
注意レベル: 禁止
2. 起立性低血圧、重篤な肝機能障害、重篤な腎機能障害、ホスホジエステラーゼ5阻害作用を有する薬剤服用中 記載場所: 使用上の注意
注意レベル: 慎重投与
副作用等
1. 失神、血圧低下、一過性意識喪失、肝機能障害、AST上昇、GOT上昇、ALT上昇、GPT上昇、黄疸 記載場所: 重大な副作用
頻度: 頻度不明
2. いらいら感、しびれ感、不整脈、過敏症、蕁麻疹、多形紅斑、味覚異常、女性化乳房、持続勃起症、射精障害、術中虹彩緊張低下症候群、霧視、視力障害、ほてり、熱感、灼熱感 記載場所: その他の副作用
頻度: 頻度不明
3. 眩暈、ふらふら感、胃不快感 記載場所: その他の副作用
頻度: 5%未満
4. 立ちくらみ、頭痛、眠気、血圧低下、起立性低血圧、頻脈、動悸、そう痒感、発疹、嘔気、嘔吐、口渇、便秘、胃重感、胃痛、食欲不振、下痢、嚥下障害、鼻閉、浮腫、尿失禁、咽頭灼焼感、全身倦怠感 記載場所: その他の副作用
頻度: 0.1%未満
5. 血圧低下、術中虹彩緊張低下症候群、Intraoperative Floppy Iris Syndrome 記載場所: 使用上の注意
頻度: 頻度不明
相互作用
1. 薬剤名等: ホスホジエステラーゼ5阻害作用を有する薬剤 発現事象: 症候性低血圧
理由・原因: 本剤はα遮断作用を有するため、併用によりこれらの血管拡張作用による降圧作用を増強
投与条件:
指示: 慎重投与
2. 薬剤名等: 降圧剤 発現事象: 血圧低下
理由・原因:
投与条件:
指示: 注意
3. 薬剤名等: 降圧剤 発現事象: 起立性低血圧
理由・原因: 降圧剤服用中の患者は起立時の血圧調節力が低下
投与条件:
指示: 注意
このページの最初に戻る
ハルナールD錠0.2mg
この医薬品についてもっと学ぶ!
※サイト内のページ遷移です。外部サイトには遷移しません。
「MEDCROSS」で調べる!
http://www.medcross.jp のサイトに移動します。





 
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote