薬効 3222 鉄化合物製剤(有機酸鉄を含む)
一般名 クエン酸第一鉄ナトリウム錠 英名 Ferromia
剤形 薬価 9.90
規格 鉄50mg1錠 メーカー サンノーバ
毒劇区分
効能・効果 鉄欠乏性貧血
使用制限等
1. 鉄欠乏状態にない 記載場所: 使用上の注意
注意レベル: 禁止
2. 胃腸疾患、限局性腸炎、消化性潰瘍、慢性潰瘍性大腸炎、発作性夜間血色素尿症、鉄含有製剤投与中、鉄剤投与中、MRI用肝臓造影剤投与中 記載場所: 使用上の注意
注意レベル: 慎重投与
副作用等
1. 悪心、嘔吐 記載場所: その他の副作用
頻度: 5%以上
2. 過敏症、光線過敏症 記載場所: その他の副作用
頻度: 頻度不明
3. 上腹部不快感、胃痛、腹痛、下痢、食欲不振、便秘、胸やけ、発疹、AST上昇、GOT上昇、ALT上昇、GPT上昇 記載場所: その他の副作用
頻度: 5%未満
4. 腹部膨満感、そう痒感、Al−P上昇、頭痛、眩暈、倦怠感、浮腫 記載場所: その他の副作用
頻度: 0.1%未満
5. 溶血、胃粘膜刺激、悪心、嘔吐、腹痛、血性下痢、吐血、消化器症状、頻脈、血圧低下、チアノーゼ、昏睡、ショック、肝壊死、肝不全、循環虚脱 記載場所: 使用上の注意
頻度: 頻度不明
相互作用
1. 薬剤名等: 鉄含有製剤投与中 発現事象: 鉄過剰症を起こす
理由・原因: 鉄過剰症を起こす
投与条件:
指示: 慎重投与
2. 薬剤名等: 鉄剤投与中 発現事象: 鉄過剰症を起こす
理由・原因: 鉄過剰症を起こす
投与条件:
指示: 慎重投与
3. 薬剤名等: MRI用肝臓造影剤投与中等 発現事象: 鉄過剰症を起こす
理由・原因: 鉄過剰症を起こす
投与条件:
指示: 慎重投与
4. 薬剤名等: セフジニル<経口> 発現事象: 吸収を約10分の1に阻害
理由・原因: 相手薬剤と高分子鉄キレートを形成
投与条件:
指示: 注意
5. 薬剤名等: キノロン系抗菌剤<経口> 発現事象: 吸収を阻害
理由・原因: 相手薬剤と高分子鉄キレートを形成
投与条件:
指示: 注意
6. 薬剤名等: テトラサイクリン系抗生物質<経口> 発現事象: 相互に吸収を阻害
理由・原因: 相手薬剤と高分子鉄キレートを形成
投与条件:
指示: 注意
7. 薬剤名等: 甲状腺ホルモン製剤<経口> 発現事象: 吸収を阻害
理由・原因: 相手薬剤と高分子鉄キレートを形成
投与条件:
指示: 注意
8. 薬剤名等: 制酸剤 発現事象: 鉄の吸収を阻害
理由・原因: in vitro試験において、pHの上昇により、難溶性の鉄重合体を形成
投与条件:
指示: 注意
9. 薬剤名等: タンニン酸を含有する食品 発現事象: 鉄の吸収を阻害
理由・原因: in vitro試験において、タンニン酸と高分子鉄キレートを形成
投与条件:
指示: 注意
10. 薬剤名等: 大量のアロプリノール 発現事象: 肝の鉄貯蔵量が増加
理由・原因:
投与条件:
指示: 注意
このページの最初に戻る
フェロミア錠50mg
この医薬品についてもっと学ぶ!
※サイト内のページ遷移です。外部サイトには遷移しません。
「MEDCROSS」で調べる!
http://www.medcross.jp のサイトに移動します。





 
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote