薬効 3919 その他の肝臓疾患用剤
一般名 グリチルリチン・グリシン・システイン配合剤注射液 英名 Neophagen
剤形 注射液 薬価 140.00
規格 100mL1袋 メーカー 大塚製薬工場
毒劇区分
効能・効果 (フリクテン、口内炎、湿疹・皮膚炎、小児ストロフルス、中毒疹、皮膚そう痒症、薬疹、蕁麻疹)、慢性肝疾患の肝機能異常の改善
使用制限等
1. 本剤成分又は含有成分で過敏症の既往歴、アルドステロン症、低カリウム血症、ミオパシー 記載場所: 使用上の注意
注意レベル: 禁止
副作用等
1. 高度低カリウム血症、血圧上昇、ナトリウム貯留、体液貯留、浮腫、体重増加、偽アルドステロン症 記載場所: 重大な副作用
頻度: 頻度不明
2. ショック、アナフィラキシーショック、血圧低下、意識消失、呼吸困難、心肺停止、潮紅、顔面浮腫、アナフィラキシー様症状、低カリウム血症、脱力感、筋力低下 記載場所: 重大な副作用
頻度: 頻度不明
3. 血清カリウム値低下、血圧上昇、過敏症、発疹、蕁麻疹、そう痒、浮腫、上腹部不快感、咳嗽、一過性視覚異常、一過性の目のかすみ、一過性の目のチカチカ、筋肉痛、異常感覚、しびれ感、ピリピリ感、頭痛、熱感、過呼吸症状、肩の熱感、四肢冷感、冷汗、口渇、動悸、尿糖陽性 記載場所: その他の副作用
頻度: 頻度不明
4. 血清カリウム値低下、血圧上昇、嘔気、嘔吐、気分不良 記載場所: その他の副作用
頻度: 5%未満
5. 全身倦怠感、発熱 記載場所: その他の副作用
頻度: 0.1%未満
6. 低カリウム血症、腎奇形、横紋筋融解症 記載場所: 使用上の注意
頻度: 頻度不明
相互作用
1. 薬剤名等: 甘草を含有する製剤 発現事象: 偽アルドステロン症
理由・原因: 本剤に含まれるグリチルリチン酸が重複
投与条件:
指示: 注意
2. 薬剤名等: ループ利尿剤 発現事象: 低カリウム血症<脱力感・筋力低下等>
理由・原因: これらの利尿作用が本剤に含まれるグリチルリチン酸のカリウム排泄作用を増強し、血清カリウム値の低下が現れやすくなる
投与条件:
指示: 注意
3. 薬剤名等: チアジド系及びその類似降圧利尿剤 発現事象: 低カリウム血症<脱力感・筋力低下等>
理由・原因: これらの利尿作用が本剤に含まれるグリチルリチン酸のカリウム排泄作用を増強し、血清カリウム値の低下が現れやすくなる
投与条件:
指示: 注意
4. 薬剤名等: モキシフロキサシン塩酸塩 発現事象: QT延長、心室性頻拍<Torsades de Pointesを含む>
理由・原因: 本剤が有するカリウム排泄作用により血清カリウム濃度が低下
投与条件:
指示: 注意
このページの最初に戻る
ネオファーゲン静注100mL
この医薬品についてもっと学ぶ!
※サイト内のページ遷移です。外部サイトには遷移しません。
「MEDCROSS」で調べる!
http://www.medcross.jp のサイトに移動します。





 
このエントリーをはてなブックマークに追加
Clip to Evernote