商品名

アノレキシノン錠5 医薬品基本情報

薬効

2399 他に分類されない消化器官用薬

一般名

メトクロプラミド錠

英名

Anolexinon

剤型

薬価

5.60

規格

5mg 1錠

メーカー

東和薬品

毒劇区分

アノレキシノン錠5の効能効果

(胃炎、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、腎炎、胆道疾患、尿毒症、胆嚢疾患、開腹術後、気管内挿管時、抗結核剤投与時、抗生物質投与時、制癌剤投与時、乳幼児嘔吐、放射線照射時、麻酔剤投与時、胃内挿管時)の(悪心、嘔吐、食欲不振、腹部膨満感、消化器機能異常)、X線検査時のバリウムの通過促進

アノレキシノン錠5の使用制限等

 1.本剤成分又は含有成分で過敏症の既往歴、褐色細胞腫又はその恐れ・疑い、消化管器質的閉塞、消化管出血、消化管穿孔

記載場所

使用上の注意

注意レベル

禁止

 2.腎障害、栄養不良状態を伴う身体的疲弊、脱水を伴う身体的疲弊

記載場所

使用上の注意

注意レベル

慎重投与

 3.脱水状態の小児、発熱時の小児

記載場所

使用上の注意

注意レベル

注意

アノレキシノン錠5の副作用等

 1.錐体外路症状

記載場所

用法・用量

頻度

頻度不明

 2.ショック、アナフィラキシー様症状、呼吸困難、喉頭浮腫、蕁麻疹、悪性症候群、Syndrome malin、無動緘黙、強度筋強剛、嚥下困難、頻脈、血圧変動、発汗、発熱、白血球増加、血清CK上昇、血清CPK上昇、ミオグロビン尿、腎機能低下、高熱が持続、意識障害、循環虚脱、脱水症状、急性腎不全、死亡、痙攣、遅発性ジスキネジー、口周部不随意運動、不随意運動

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 3.錐体外路症状、手指振戦、筋硬直、頚部攣縮、顔部攣縮、眼球回転発作、焦燥感、無月経、乳汁分泌、女性型乳房、胃の緊張増加、腹痛、下痢、便秘、血圧降下、頻脈、不整脈、眠気、頭痛、頭重、興奮、不安、過敏症、発疹、浮腫、眩暈、倦怠感

記載場所

その他の副作用

頻度

頻度不明

 4.急激な昇圧発作、悪性症候群、Syndrome malin、内分泌機能異常、プロラクチン値上昇、錐体外路症状、嘔吐症状を不顕性化、意識障害、昏睡、メトヘモグロビン血症

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

アノレキシノン錠5の相互作用

 1.薬剤名等 : フェノチアジン系薬剤

発現事象

錐体外路症状、内分泌機能異常

理由原因

本剤及びこれらの薬剤は抗ドパミン作用を有するため、併用により抗ドパミン作用が強く現れる

投与条件

-

指示

注意

 2.薬剤名等 : ブチロフェノン系薬剤

発現事象

錐体外路症状、内分泌機能異常

理由原因

本剤及びこれらの薬剤は抗ドパミン作用を有するため、併用により抗ドパミン作用が強く現れる

投与条件

-

指示

注意

 3.薬剤名等 : ラウオルフィアアルカロイド薬剤

発現事象

錐体外路症状、内分泌機能異常

理由原因

本剤及びこれらの薬剤は抗ドパミン作用を有するため、併用により抗ドパミン作用が強く現れる

投与条件

-

指示

注意

 4.薬剤名等 : ベンザミド系薬剤

発現事象

錐体外路症状、内分泌機能異常

理由原因

本剤及びこれらの薬剤は抗ドパミン作用を有するため、併用により抗ドパミン作用が強く現れる

投与条件

-

指示

注意

 5.薬剤名等 : ジギタリス剤

発現事象

ジギタリス剤飽和時の指標となる悪心・嘔吐・食欲不振症状を不顕性化

理由原因

本剤の制吐作用

投与条件

-

指示

注意

 6.薬剤名等 : カルバマゼピン

発現事象

中毒症状<眠気・悪心・嘔吐・眩暈等>

理由原因

-

投与条件

-

指示

注意

 7.薬剤名等 : 抗コリン剤

発現事象

相互に消化管における作用を減弱

理由原因

本剤は消化管運動を亢進するため、抗コリン剤の消化管運動抑制作用と拮抗

投与条件

-

指示

注意

アノレキシノン錠5

アノレキシノン錠5