商品名

ドキシル注20mg 医薬品基本情報

薬効

4235 アントラサイクリン系抗生物質製剤

一般名

ドキソルビシン塩酸塩注射液

英名

Doxil

剤型

注射液

薬価

99301.00

規格

20mg 10mL 1瓶

メーカー

ヤンセンファーマ

毒劇区分

(劇)

ドキシル注20mgの効能効果

がん化学療法後に増悪した卵巣癌、エイズ関連カポジ肉腫

ドキシル注20mgの使用制限等

 1.類薬で過敏症の既往歴、本剤成分又は含有成分で過敏症の既往歴

記載場所

使用上の注意

注意レベル

禁止

 2.心血管系疾患又はその既往

記載場所

使用上の注意

注意レベル

相対禁止

 3.心血管系疾患又はその既往、骨髄抑制、肝機能障害、大豆アレルギーを起こし易い体質

記載場所

使用上の注意

注意レベル

慎重投与

 4.縦隔に放射線療法を受けた、心毒性のある薬剤を併用

記載場所

使用上の注意

注意レベル

注意

ドキシル注20mgの副作用等

 1.infusion reaction、手足症候群<Grade1>、手足症候群<日常の活動を妨げない軽度の紅斑>、手足症候群<日常の活動を妨げない軽度の腫脹>、手足症候群<日常の活動を妨げない軽度の落屑>、手足症候群<Grade2>、手足症候群<正常な身体活動を妨げるが不可能にはしない程度の紅斑>、手足症候群<正常な身体活動を妨げるが不可能にはしない程度の落屑>、手足症候群<正常な身体活動を妨げるが不可能にはしない程度の腫脹>、手足症候群<直径が2cm未満の小さな水疱>、手足症候群<直径が2cm未満の小さな潰瘍>、手足症候群<Grade3>、手足症候群<歩行又は正常な日常活動を妨げる程度の水疱>、手足症候群<歩行又は正常な日常活動を妨げる程度の潰瘍>、手足症候群<歩行又は正常な日常活動を妨げる程度の腫脹>、手足症候群<普段の衣服を着ることができない>、手足症候群<Grade4>、手足症候群<感染性合併症の原因となるびまん性の進行>、手足症候群<感染性合併症の原因となる局所性の進行>、手足症候群<寝たきり状態又は入院>、口内炎<Grade1>、口内炎<痛みのない潰瘍>、口内炎<痛みのない紅斑>、口内炎<軽度の痛み>、口内炎<Grade2>、口内炎<痛みのある紅斑・食事はできる>、口内炎<痛みのある浮腫・食事はできる>、口内炎<痛みのある潰瘍・食事はできる>、口内炎<Grade3>、口内炎<痛みのある紅斑・食事ができない>、口内炎<痛みのある浮腫・食事ができない>、口内炎<痛みのある潰瘍・食事ができない>、口内炎<Grade4>、口内炎<経静脈栄養を必要とする>、口内炎<経管栄養を必要とする>、骨髄抑制<Grade1>、好中球1500/μL以上2000/μL未満、血小板75000/μL以上150000/μL未満、骨髄抑制<Grade2>、好中球1000/μL以上1500/μL未満、血小板50000/μL以上75000/μL未満、骨髄抑制<Grade3>、好中球500/μL以上1000/μL未満、血小板25000/μL以上50000/μL未満、骨髄抑制<Grade4>、好中球500/μL未満、血小板25000/μL未満、血清ビリルビン値が1.2~3.0mg/dL、血清ビリルビン値が3.0mg/dLを超える、重度の副作用<Grade3以上>

記載場所

用法・用量

頻度

頻度不明

 2.白血球数減少、好中球数減少、血小板数減少、貧血、ヘモグロビン減少、赤血球数減少、骨髄抑制

記載場所

重大な副作用

 3.重篤で致死的なアレルギー様のinfusion reaction、重篤で致死的なアナフィラキシー様のinfusion reaction、重篤なinfusion reaction、手足症候群、腫脹、疼痛、紅斑、手足の皮膚落屑、手掌皮疹、足底皮疹、口内炎

記載場所

重大な副作用

 4.感染症、発熱性好中球減少症、出血

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 5.心筋障害、心筋症、欝血性心不全、急性左室不全、肝機能障害、肺塞栓症、致死的な肺塞栓症

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 6.間質性肺疾患、肺臓炎、深部静脈血栓症

記載場所

重大な副作用

頻度

5%未満

 7.毛包炎、鼻咽頭炎、リンパ球数減少、単球数減少、血小板数増加、白血球数増加、単球数増加、食欲不振、頭痛、味覚異常、末梢性感覚ニューロパシー、高血圧、咽喉頭疼痛、咳嗽、悪心、便秘、下痢、嘔吐、消化不良、上腹部痛、痔核、LDH増加、AST増加、GOT増加、ALT増加、GPT増加、γ-GTP増加、Al-P増加、血中ビリルビン増加、血中ビリルビン減少、発疹、脱毛症、皮膚色素沈着障害、背部痛、蛋白尿、尿中蛋白陽性、血中クレアチニン増加、血中クレアチニン減少、疲労、体重減少、倦怠感、発熱、胸痛、血中アルブミン減少、総蛋白減少、CK減少、CPK減少、血中Na減少、血中尿素増加、血中尿素減少、血中Cl減少、血中K減少、血中K増加、CK増加、CPK増加、血中Cl増加、血中Na増加、無力症、口腔モニリア症、低色素性貧血

記載場所

その他の副作用

 8.上気道感染、外耳炎、口腔感染、体部白癬、膀胱炎、ウイルス性肝炎、帯状疱疹、ヘルペス性口内炎、感染、インフルエンザ、咽頭炎、皮膚感染、足部白癬、尿路感染、創傷感染、咽喉頭炎、リンパ球数増加、好酸球数増加、ヘマトクリット減少、平均赤血球ヘモグロビン濃度減少、好中球数増加、季節性アレルギー、過敏症、高カリウム血症、耐糖能障害、不眠症、嗅覚錯誤、浮動性眩暈、感覚鈍麻、片頭痛、眼障害、白内障、結膜炎、眼乾燥、眼脂、角膜炎、流涙増加、硝子体浮遊物、耳痛、耳鳴、第一度房室ブロック、動悸、洞性頻脈、大動脈弁閉鎖不全症、左脚ブロック、洞性不整脈、上室性期外収縮、心室肥大、駆出率減少、心電図ST部分下降、心拍数増加、心電図ST-T部分下降、心電図PQ間隔延長、心電図ST-T変化、起立性低血圧、潮紅、咽頭不快感、鼻漏、咽頭炎症、鼻出血、喀血、腹部膨満、腹痛、胃不快感、口唇炎、嚥下障害、肛門周囲痛、口唇糜爛、腹部不快感、歯肉腫脹、歯肉炎、歯周病、小腸閉塞、舌変色、歯痛、高ビリルビン血症、AST減少、GOT減少、LDH減少、γ-GTP減少、爪障害、紅斑、皮膚そう痒症、多汗症、皮膚過角化、点状出血、四肢痛、肩部痛、側腹部痛、筋痛、筋骨格硬直、関節痛、頻尿、尿道障害、尿道痛、尿中ブドウ糖陽性、尿pH上昇、尿中ケトン体陽性、性器発疹、陰部そう痒症、女性外陰部潰瘍、注射部位反応、胸部不快感、悪寒、熱感、低体温、インフルエンザ様疾患、血圧上昇、総蛋白増加、凍瘡、熱傷、頭痛、背部痛、アレルギー反応、顔面浮腫、蜂巣炎、敗血症、膿瘍、放射線損傷、インフルエンザ症候群、モニリア症、注射部位出血、注射部位疼痛、クリプトコッカス症、腹水、胸痛、低血圧、頻脈、血栓性静脈炎、心嚢液貯留、出血、失神、脚ブロック、心拡大、心停止、血栓症、心室性不整脈、単純ヘルペス、発疹、皮膚そう痒、斑状丘疹状皮疹、皮膚潰瘍、皮膚変色、剥脱性皮膚炎、皮膚モニリア症、多形紅斑、結節性紅斑、せつ腫症、乾癬、膿疱性皮疹、皮膚壊死、蕁麻疹、小水疱性皮疹、口腔内潰瘍、舌炎、便秘、アフタ性口内炎、食欲不振、消化不良、胆汁欝滞性黄疸、胃炎、潰瘍性直腸炎、大腸炎、食道潰瘍、食道炎、胃腸出血、肝不全、口腔内白斑症、膵炎、潰瘍性口内炎、肝炎、肝脾腫大、食欲亢進、黄疸、硬化性胆管炎、しぶり、宿便、糖尿病、溶血、プロトロンビン時間延長、好酸球増加症、リンパ節症、リンパ管炎、リンパ浮腫、トロンボプラスチン減少、ALT増加、GPT増加、体重減少、低カルシウム血症、高血糖、LDH増加、高ナトリウム血症、クレアチニン増加、BUN増加、脱水、浮腫、高カルシウム血症、高脂血症、高尿酸血症、低血糖、低カリウム血症、低脂血症、低マグネシウム血症、低ナトリウム血症、低リン酸血症、低蛋白血症、ケトーシス、体重増加、骨痛、筋炎、錯感覚、末梢神経炎、欝病、ニューロパシー、不安、痙攣、筋緊張低下、急性脳症候群、錯乱、片麻痺、筋緊張亢進、運動低下、回転性眩暈、胸水、喘息、気管支炎、咳嗽増加、過換気、気胸、鼻炎、副鼻腔炎、中耳炎、味覚倒錯、視覚異常、盲、眼痛、視神経炎、視野欠損、血尿、亀頭炎、排尿困難、性器浮腫、糖尿、腎不全、呼吸困難、アルブミン尿、肺炎、網膜炎、情動不安定、傾眠

記載場所

その他の副作用

頻度

5%未満

 9.重度骨髄抑制

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

10.心毒性

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

11.骨髄抑制、感染症、発熱性好中球減少症、出血

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

12.肝機能障害

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

13.心毒性、心筋障害、欝血性心不全、ほてり、潮紅、呼吸困難、胸部不快感、熱感、悪心、息切れ、胸部絞扼感、咽喉絞扼感、低血圧、急性のinfusion reaction、重篤で致死的なアレルギー様のinfusion reaction、重篤で致死的なアナフィラキシー様のinfusion reaction、infusion reaction、背部痛、頻脈、そう痒症、鼻漏、腹痛、動悸、血圧上昇、顔面腫脹、頭痛、悪寒、胸痛、発熱、発疹、チアノーゼ、失神、気管支痙攣、喘息、無呼吸、二次性急性骨髄性白血病、骨髄抑制、胎仔毒性、流産誘発作用、粘膜炎、白血球減少症、血小板減少症、注射部位壊死、刺痛感、灼熱感、紅斑、二次性口腔内腫瘍、遺伝毒性、発癌性、精巣小型化、精巣内精子数減少、精巣重量減少、精細管変性、精子未形成

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

ドキシル注20mgの相互作用

 1.薬剤名等 : 抗悪性腫瘍剤

発現事象

-

理由原因

-

投与条件

-

指示

注意

 2.薬剤名等 : 縦隔に放射線療法を受けた

発現事象

心毒性

理由原因

-

投与条件

より低い総投与量(400mg/㎡)

指示

注意

 3.薬剤名等 : 心毒性のある薬剤を併用

発現事象

心毒性

理由原因

-

投与条件

より低い総投与量(400mg/㎡)

指示

注意

 4.薬剤名等 : 骨髄抑制作用を有する薬剤

発現事象

骨髄抑制が増強

理由原因

-

投与条件

-

指示

注意

 5.薬剤名等 : 投与前の心臓部あるいは縦隔への放射線照射

発現事象

心筋障害が増強

理由原因

心筋に対する蓄積毒性が増強

投与条件

-

指示

注意

 6.薬剤名等 : 潜在的に心毒性を有する抗悪性腫瘍剤

発現事象

心筋障害が増強

理由原因

心筋に対する蓄積毒性が増強

投与条件

-

指示

注意

 7.薬剤名等 : 抗悪性腫瘍剤

発現事象

骨髄抑制等の副作用が増強

理由原因

副作用が相互に増強

投与条件

-

指示

注意

 8.薬剤名等 : 放射線照射

発現事象

骨髄抑制等の副作用が増強、放射線照射の前治療に起因する皮膚反応が再発

理由原因

副作用が相互に増強

投与条件

-

指示

注意

ドキシル注20mgの配合変化

 1.薬剤名等 : 他の薬剤等

発現事象

-

理由原因

-

投与条件

-

指示

禁止

ドキシル注20mg

ドキシル注20mg