商品名

クライスリン錠50 医薬品基本情報

薬効

2491 循環ホルモン剤

一般名

カリジノゲナーゼ50単位錠

英名

Kreislin

剤型

薬価

5.80成分一致薬品で比較

規格

50単位1錠

メーカー

三笠製薬

毒劇区分

クライスリン錠50の効能効果

(高血圧症、ビュルガー病、閉塞性血栓血管炎、メニエル症候群) の末梢循環障害の改善、 (更年期障害、網脈絡膜の循環障害) の症状の改善

クライスリン錠50の使用制限等

 1.新鮮出血時、脳出血直後

記載場所

使用上の注意

注意レベル

禁止

クライスリン錠50の副作用等

 1.過敏症、発疹、そう痒感、蕁麻疹、心悸亢進、胃部不快感、嘔気、嘔吐、食欲不振、上腹部痛、下痢、便秘、AST上昇、GOT上昇、ALT上昇、GPT上昇、肝機能障害、ほてり、頭痛、頭重、眠気、倦怠感

記載場所

その他の副作用

頻度

頻度不明

クライスリン錠50の相互作用

 1.薬剤名等 : アンジオテンシン変換酵素阻害剤

発現事象

過度の血圧低下

理由原因

本剤のキニン産生作用とアンジオテンシン変換酵素阻害剤のキニン分解抑制作用により、血中キニン濃度が増大し、血管平滑筋弛緩が増強

投与条件

-

指示

注意

クライスリン錠50

クライスリン錠50

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます