商品名

ナイクリン注射液20mg 医薬品基本情報

薬効

3132 ニコチン酸系製剤

一般名

ニコチン酸注射液

英名

Nyclin

剤型

注射液

薬価

95.00成分一致薬品で比較

規格

20mg 1管

メーカー

トーアエイヨー

毒劇区分

ナイクリン注射液20mgの効能効果

(ニコチン酸欠乏症、ペラグラ) の (予防、治療) 、 (消耗性疾患、激しい肉体労働時、授乳婦、妊産婦、食事からの摂取が不十分) のニコチン酸の補給、 (ニコチン酸欠乏、ニコチン酸代謝障害) の (四肢冷感、耳鳴、SMONによるしびれ感、末梢循環障害、急性湿疹、口角炎、光線過敏性皮膚炎、口内炎、舌炎、接触皮膚炎、凍傷、凍瘡、難聴、慢性湿疹、メニエル症候群、レイノー病)

ナイクリン注射液20mgの使用制限等

 1.本剤成分又は含有成分で過敏症の既往歴、重症低血圧、動脈出血

記載場所

使用上の注意

注意レベル

禁止

 2.消化性潰瘍又はその既往、肝疾患又はその既往、胆嚢疾患又はその既往、耐糖能異常

記載場所

使用上の注意

注意レベル

慎重投与

ナイクリン注射液20mgの副作用等

 1.過敏症、発疹、口唇腫脹、咳嗽、ショック様症状、末梢血管拡張作用、顔面紅潮、皮膚紅潮、頭部熱感、四肢熱感、蟻走感、感覚異常、そう痒感、発汗亢進、黄疸、血清トランスアミナーゼ値上昇、BSP排泄遅延、代謝異常、耐糖能低下、高尿酸血症、口渇、悪心、嘔吐、胃部重圧感、腹痛、下痢、頭痛、頭重、眩暈、胸内苦悶、動悸

記載場所

その他の副作用

頻度

頻度不明

 2.胆汁うっ滞、肝細胞配列異常、線維組織結節、肝障害、中毒症状、あえぎ呼吸、アシドーシス、痙攣

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

ナイクリン注射液20mgの相互作用

 1.薬剤名等 : α遮断型降圧剤

発現事象

血管拡張作用が増強

理由原因

相互に血管拡張作用を増強

投与条件

-

指示

注意

 2.薬剤名等 : HMG-CoA還元酵素阻害剤

発現事象

脱力感、筋肉痛、急激な腎機能悪化を伴う横紋筋融解症、血中及び尿中ミオグロビン上昇、CK<CPK>上昇

理由原因

-

投与条件

-

指示

注意

 3.薬剤名等 : 経口血糖降下剤

発現事象

血糖降下作用を減弱

理由原因

肝臓でのブドウ糖の同化抑制

投与条件

-

指示

注意

 4.薬剤名等 : インスリン

発現事象

血糖降下作用を減弱

理由原因

肝臓でのブドウ糖の同化抑制

投与条件

-

指示

注意

ナイクリン注射液20mgの成分一致薬品

ナイクリン注射液20mg

ナイクリン注射液20mg

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます