商品名

ジアゾキシドカプセル25mg「MSD」 医薬品基本情報

薬効

3999 他に分類されないその他の代謝性医薬品

一般名

ジアゾキシドカプセル

英名

Diazoxide MSD

剤型

カプセル

薬価

263.80成分一致薬品で比較

規格

25mg 1カプセル

メーカー

MSD

毒劇区分

(劇)

ジアゾキシドカプセル25mg「MSD」の効能効果

高インスリン血性低血糖症

ジアゾキシドカプセル25mg「MSD」の使用制限等

 1.類薬で過敏症の既往歴、本剤成分又は含有成分で過敏症の既往歴

記載場所

使用上の注意

注意レベル

禁止

 2.心予備能低下、高尿酸血症又はその既往、痛風又はその既往、腎障害

記載場所

使用上の注意

注意レベル

慎重投与

 3.腎障害

記載場所

用法・用量

注意レベル

注意

 4.重症低血糖によって引き起こされる中枢神経症状

記載場所

効能・効果

注意レベル

注意

 5.腎障害

記載場所

使用上の注意

注意レベル

注意

ジアゾキシドカプセル25mg「MSD」の副作用等

 1.血小板減少

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 2.重篤なナトリウム貯留、重篤な体液貯留、うっ血性心不全、ケトアシドーシス、高浸透圧性昏睡、高血糖、尿糖異常、急性膵炎、膵壊死、腹痛、血清アミラーゼ値上昇、肺高血圧症、呼吸困難、チアノーゼ、易疲労感、失神、末梢性浮腫、胸痛

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 3.発熱、倦怠感、頭痛、不安、眩暈、不眠、好中球減少、好酸球増多、ヘモグロビン減少、ヘマトクリット減少、出血傾向、リンパ節症、AST上昇、GOT上昇、Al-P上昇、BUN上昇、クレアチニンクリアランス低下、ネフローゼ症候群、尿量減少、血尿、アルブミン尿、頻脈、動悸、低血圧、高血圧、胸痛、食欲不振、悪心、嘔吐、腹痛、イレウス、下痢、味覚消失、多毛症、発疹、皮膚そう痒、皮膚カンジダ症、脱毛、脱力、多発性神経炎、錯感覚、錐体外路症状、白内障、結膜下出血、視覚異常、霧視、複視、流涙、尿酸増加、IgG減少、単純疱疹、骨年齢促進、痛風、乳汁漏出、乳房腫瘤増大

記載場所

その他の副作用

頻度

頻度不明

 4.うっ血性心不全、血小板減少、分娩遅延、吸収胚数増加、奇形、胎仔膵臓β細胞変性、肺高血圧症、ケトアシドーシス、顕著な高血糖

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

ジアゾキシドカプセル25mg「MSD」の相互作用

 1.薬剤名等 : フェニトイン

発現事象

痙攣抑制効果を減弱

理由原因

-

投与条件

-

指示

注意

 2.薬剤名等 : チアジド系利尿剤

発現事象

本剤の血糖上昇作用及び血中尿酸上昇作用が増強

理由原因

チアジド系利尿剤によるカリウム喪失により膵臓のβ細胞のインスリン放出が低下、これらの薬剤は尿酸排泄抑制作用を有する

投与条件

-

指示

注意

 3.薬剤名等 : ループ利尿剤

発現事象

本剤の血糖上昇作用及び血中尿酸上昇作用が増強

理由原因

チアジド系利尿剤によるカリウム喪失により膵臓のβ細胞のインスリン放出が低下、これらの薬剤は尿酸排泄抑制作用を有する

投与条件

-

指示

注意

 4.薬剤名等 : インスリン

発現事象

本剤の血糖上昇作用が減弱

理由原因

これらの薬剤は血糖降下作用を有する

投与条件

-

指示

注意

 5.薬剤名等 : トルブタミド

発現事象

本剤の血糖上昇作用が減弱

理由原因

これらの薬剤は血糖降下作用を有する

投与条件

-

指示

注意

 6.薬剤名等 : α遮断薬

発現事象

本剤の血糖上昇作用が減弱

理由原因

-

投与条件

-

指示

注意

 7.薬剤名等 : ノルアドレナリン

発現事象

本剤の血糖上昇作用が減弱

理由原因

-

投与条件

-

指示

注意

 8.薬剤名等 : 降圧剤

発現事象

降圧作用が増強

理由原因

本剤は降圧作用を有する

投与条件

-

指示

注意

ジアゾキシドカプセル25mg「MSD」の成分一致薬品

成分一致薬品は見つかりませんでした。

ジアゾキシドカプセル25mg「MSD」

ジアゾキシドカプセル25mg「MSD」

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます