商品名

オザグレルNa点滴静注80mgバッグ「DK」 医薬品基本情報

薬効

3999 他に分類されないその他の代謝性医薬品

一般名

オザグレルナトリウムキット

英名

Ozagrel Na

剤型

キット類

薬価

1095.00成分一致薬品で比較

規格

80mg 200mL 1袋

メーカー

大興製薬

毒劇区分

オザグレルNa点滴静注80mgバッグ「DK」の効能効果

クモ膜下出血術後の (脳血管攣縮、脳血管攣縮に伴う脳虚血症状) の改善、脳血栓症<急性期>の運動障害の改善

オザグレルNa点滴静注80mgバッグ「DK」の使用制限等

 1.出血、硬膜外出血、脳内出血、原発性脳室内出血、出血性脳梗塞、脳塞栓症、重篤な意識障害を伴う大梗塞、本剤成分又は含有成分で過敏症の既往歴

記載場所

使用上の注意

注意レベル

禁止

 2.脳塞栓症又はその恐れ・疑い、感染性心内膜炎、心筋梗塞、瞬時完成型神経症状、心臓弁膜疾患、心房細動

記載場所

使用上の注意

注意レベル

原則禁止

 3.出血、消化管出血、皮下出血、脳出血の既往、出血又はその恐れ・疑い、血小板減少、重症糖尿病、重症高血圧、血栓溶解剤投与中、抗凝血剤投与中、抗血小板剤投与中、循環器系機能障害、心臓機能障害、腎障害

記載場所

使用上の注意

注意レベル

慎重投与

オザグレルNa点滴静注80mgバッグ「DK」の副作用等

 1.白血球減少、顆粒球減少、発熱、悪寒

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 2.出血、出血性脳梗塞、硬膜外血腫、脳内出血、消化管出血、皮下出血、血尿、ショック、アナフィラキシー、血圧低下、呼吸困難、喉頭浮腫、冷感、著しいAST上昇、著しいGOT上昇、著しいALT上昇、著しいGPT上昇、重症肝機能障害、黄疸、血小板減少、重篤な腎機能障害、急性腎障害

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 3.過敏症、発疹、蕁麻疹、紅斑、喘息<様>発作、そう痒、上室性期外収縮、血圧下降、貧血、AST上昇、GOT上昇、ALT上昇、GPT上昇、LDH上昇、アルカリホスファターゼ上昇、ビリルビン上昇、BUN上昇、クレアチニン上昇、嘔気、嘔吐、下痢、食欲不振、膨満感、発熱、頭痛、胸内苦悶感、発赤、腫脹、疼痛、ほてり、悪寒、戦慄、関節炎、CRP上昇、CK上昇、CPK上昇

記載場所

その他の副作用

頻度

頻度不明

 4.出血性脳梗塞

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

 5.出血性脳梗塞、硬膜外出血、脳内出血、出血

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

オザグレルNa点滴静注80mgバッグ「DK」の相互作用

 1.薬剤名等 : 抗血小板剤

発現事象

出血傾向の増強

理由原因

本剤は血小板凝集能を抑制するため、類似の作用を持つ薬剤を併用することにより作用を増強

投与条件

-

指示

慎重投与

 2.薬剤名等 : 血栓溶解剤

発現事象

出血傾向の増強

理由原因

本剤は血小板凝集能を抑制するため、類似の作用を持つ薬剤を併用することにより作用を増強

投与条件

-

指示

慎重投与

 3.薬剤名等 : 抗凝血剤

発現事象

出血傾向の増強

理由原因

本剤は血小板凝集能を抑制するため、類似の作用を持つ薬剤を併用することにより作用を増強

投与条件

-

指示

慎重投与

オザグレルNa点滴静注80mgバッグ「DK」の配合変化

 1.薬剤名等 : カルシウムを含む製剤

発現事象

白濁

理由原因

-

投与条件

-

指示

注意

オザグレルNa点滴静注80mgバッグ「DK」

オザグレルNa点滴静注80mgバッグ「DK」

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます