商品名

ピシバニール注射用0.5KE 医薬品基本情報

薬効

4299 他に分類されない腫瘍用薬

一般名

溶連菌抽出物注射用

英名

Picibanil KE

剤型

注射用

薬価

3756.00成分一致薬品で比較

規格

0.5KE1瓶(溶解液付)

メーカー

中外製薬

毒劇区分

(劇)

ピシバニール注射用0.5KEの効能効果

(胃癌<手術例>、原発性肺癌) の生存期間の延長、 (消化器癌、肺癌) の (癌性腹水、癌性胸水) の減少、咽頭癌、上顎癌、甲状腺癌、喉頭癌、舌癌、頭頚部癌、リンパ管腫

ピシバニール注射用0.5KEの使用制限等

 1.本剤成分又は含有成分でショックの既往歴、類薬でショックの既往歴

記載場所

使用上の注意

注意レベル

禁止

 2.類薬で過敏症の既往歴、本剤成分又は含有成分で過敏症の既往歴

記載場所

使用上の注意

注意レベル

原則禁止

 3.心疾患、腎疾患、類薬で過敏症の既往歴、アレルギーの家族歴、気管支喘息の家族歴、蕁麻疹の家族歴、発疹の家族歴、アレルギーを起こし易い体質、気管支喘息を起こし易い体質、蕁麻疹を起こし易い体質、発疹を起こし易い体質

記載場所

使用上の注意

注意レベル

慎重投与

ピシバニール注射用0.5KEの副作用等

 1.ショック、アナフィラキシー、間質性肺炎、間質性肺炎増悪、発熱、咳嗽、呼吸困難、胸部X線検査異常、急性腎障害、BUN上昇、クレアチニン上昇、尿量減少

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 2.腫脹、発赤、疼痛、白血球増加、発熱、CRP上昇

記載場所

その他の副作用

 3.過敏症、紫斑、BUN上昇、クレアチニン上昇、尿量減少

記載場所

その他の副作用

頻度

頻度不明

 4.そう痒感、発疹、硬結、熱感、血小板増加、貧血、AST上昇、GOT上昇、ALT上昇、GPT上昇、Al-P上昇、食欲不振、悪心、嘔吐、下痢、蛋白尿、全身倦怠、頭痛、CK上昇、CPK上昇、関節痛

記載場所

その他の副作用

頻度

5%未満

 5.溶連菌感染症類似の所見、心障害、腎障害、アミロイドーシス、疼痛、発赤、硬結、腫脹、局所反応、発熱、白血球増加、気管圧迫、喘鳴、遅発性ショック

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

ピシバニール注射用0.5KE

ピシバニール注射用0.5KE

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます