商品名

アゾテシン点眼液0.02% 添付文書情報

アゾテシン点眼液0.02%の用法用量

1日3~5回、1回1~2滴を点眼する。

アゾテシン点眼液0.02%の効能効果

急性結膜炎、慢性結膜炎、アレルギー性結膜炎、表層角膜炎、眼瞼縁炎、強膜炎。

アゾテシン点眼液0.02%の副作用

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。

副作用が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行う。

  • 1.過敏症:(0.1%未満)眼瞼腫脹、眼瞼発赤。
  • 2.眼:(0.1%未満)眼そう痒感。

アゾテシン点眼液0.02%の使用上の注意

【適用上の注意】

  • 1.投与経路:点眼用にのみ使用する。
  • 2.投与時:薬液汚染防止のため、点眼のとき、容器の先端が直接目に触れないように注意するよう指導する。

【取扱い上の注意】

安定性試験:最終包装製品を用いた長期保存試験(室温、3年間)の結果、外観、含量、pH及び浸透圧比等は規格の範囲内であり、本剤は通常の市場流通下において3年間安定であることが確認された。

【保管上の注意】

気密容器、遮光。

アゾテシン点眼液0.02%

アゾテシン点眼液0.02%

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます