商品名

ナシビン点鼻・点眼液0.05% 添付文書情報

ナシビン点鼻・点眼液0.05%の用法用量

  • 1.耳鼻科用:1回2~3滴を1日1~4回点鼻する。なお、年齢、症状により適宜増減する。
  • 2.眼科用:1回1~2滴を1日1~4回点眼する。なお、年齢、症状により適宜増減する。

ナシビン点鼻・点眼液0.05%の効能効果

  • 1.耳鼻科用:上気道諸疾患の充血・うっ血。
  • 2.眼科用:表在性充血(原因療法と併用)。

ナシビン点鼻・点眼液0.05%の副作用

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していないため、頻度は不明である(再審査対象外)。

次のような副作用が認められた場合には、減量・休薬など適切な処置を行う。

  • 1.耳鼻科用剤:
    • 1)(耳鼻科用剤)過敏症:(頻度不明)過敏症状[副作用が現れた場合には使用を中止する]。
    • 2)(耳鼻科用剤)精神神経系:(頻度不明)神経過敏、頭痛、眩暈、不眠症等。
    • 3)(耳鼻科用剤)循環器:(頻度不明)心悸亢進等。
    • 4)(耳鼻科用剤)消化器:(頻度不明)悪心・嘔吐等。
    • 5)(耳鼻科用剤)鼻:(頻度不明)鼻熱感、鼻刺激痛、鼻乾燥感、鼻反応性充血、鼻漏、くしゃみ等。
    • 6)(耳鼻科用剤)長期使用:(頻度不明)反応性低下等。
  • 2.眼科用剤:
    • 1)(眼科用剤)過敏症:(頻度不明)過敏症状[副作用が現れた場合には使用を中止する]。
    • 2)(眼科用剤)精神神経系:(頻度不明)頭痛、眩暈、不眠症等。
    • 3)(眼科用剤)循環器:(頻度不明)心悸亢進等。
    • 4)(眼科用剤)眼:(頻度不明)眼熱感、眼乾燥感、眼そう痒感、反応性眼充血等。

ナシビン点鼻・点眼液0.05%の使用上の注意

【禁忌】

  • 1.(耳鼻科用剤)本剤に対し過敏症の既往歴のある患者。
  • 2.(耳鼻科用剤)2歳未満の幼児・乳児[全身症状が起こりやすい]。
  • 3.モノアミン酸化酵素阻害剤投与中の患者[急激な血圧上昇を起こす恐れがある]。
  • 4.(眼科用剤)閉塞隅角緑内障の患者[血管収縮剤は閉塞隅角緑内障の場合には眼圧上昇の恐れがある]。

【慎重投与】

  • 1.冠動脈疾患のある患者[血管を収縮して冠動脈疾患を悪化させる恐れがある]。
  • 2.高血圧症の患者[末梢血管を収縮して血圧を上昇させる恐れがある]。
  • 3.甲状腺機能亢進症の患者[甲状腺機能亢進症の患者は交感神経が興奮状態にあることが多い]。
  • 4.糖尿病の患者[肝臓のグリコーゲンを分解して血糖を上昇させる作用がある]。
  • 5.(眼科用剤)眼圧上昇素因のある患者[眼圧上昇の恐れがある]。

【重要な基本的注意】

連用又は頻回使用により反応性低下や局所粘膜二次充血を起こすことがあるので、急性充血期に限って使用するか又は適切な休薬期間をおいて使用する。

【相互作用】

併用禁忌:モノアミン酸化酵素阻害剤[急激な血圧上昇を起こす恐れがある(両剤共に血圧上昇作用があるため、相加的に作用が増強すると考えられている)]。

【妊婦・産婦・授乳婦等への投与】

妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ使用する[妊婦に対する安全性は確立していない]。

【小児等への投与】

  • 1.耳鼻科用剤:
    • 1)(耳鼻科用剤)過量投与により、発汗、徐脈、昏睡等の全身症状が現れやすいので、使用しないことが望ましい。
    • 2)(耳鼻科用剤)やむを得ず小児に使用する場合には、使用法を正しく指導し、経過の観察を十分に行う。
  • 2.(眼科用剤)小児に使用する場合には、全身投与の場合と同様の副作用が起こりやすいので使用法を正しく指導し、経過の観察を十分に行う。

【適用上の注意】

投与時(耳鼻科用剤):粘膜、創傷面又は炎症部位に長期連用又は大量使用しない[ホウ酸及びホウ砂を含有しているので、これらによる急性中毒が起こることがある]。

ナシビン点鼻・点眼液0.05%の成分一致薬品

成分一致薬品は見つかりませんでした。

ナシビン点鼻・点眼液0.05%

ナシビン点鼻・点眼液0.05%

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます