商品名

テラプチク皮下・筋注30mg 添付文書情報

テラプチク皮下・筋注30mgの用法用量

ジモルホラミンとして、1回30~60mgを皮下又は筋肉内注射する。

新生児には1回7.5~22.5mgを皮下又は筋肉内注射する。

なお、年齢、症状により適宜増減し、必要に応じ反復投与するが、1日量200mgまでとする。

テラプチク皮下・筋注30mgの効能効果

次記の場合の呼吸障害及び循環機能低下:新生児仮死、ショック、催眠剤中毒、溺水、肺炎、熱性疾患、麻酔剤使用時。

テラプチク皮下・筋注30mgの副作用

皮下・筋注、静注を合わせた総症例448例中、49例(10.94%)の副作用が報告されている(再評価結果時)。

  • 1.呼吸器:(0.1~5%未満)咳嗽。
  • 2.精神神経系:(0.1~5%未満)眩暈、耳鳴。
  • 3.その他:(0.1~5%未満)口内熱感・口内しびれ感、全身しびれ感。

テラプチク皮下・筋注30mgの使用上の注意

【慎重投与】

てんかん等の痙攣性疾患又はこれらの既往歴のある患者[痙攣閾値を低下させる可能性がある]。

【重要な基本的注意】

ジモルホラミンの痙攣誘発作用量は呼吸興奮量よりはるかに大きいが、本剤の投与にあたっては患者の呼吸、血圧、脈拍、覚醒状態、角膜反射などの全身状態を観察しながら行い、過量投与にならないよう注意する。

【妊婦・産婦・授乳婦等への投与】

妊娠末期の婦人には投与しないことが望ましい[妊婦(妊娠末期)に投与すると、胎児に異常運動等の影響を及ぼし、分娩時羊水混濁を認めたとの報告がある]。

【小児等への投与】

新生児に投与する場合には、あらかじめ十分に気道内の羊水、粘液等を吸引除去した後投与する。

【適用上の注意】

  • 1.投与経路:皮下、筋肉内にのみ投与する。
  • 2.皮下注射時:局所刺激作用として本剤を皮下注射した場合、局所に数時間発赤を生じることがある。
  • 3.筋肉内注射時:筋肉内に投与する場合は、組織・神経などへの影響を避けるため、次記の点に注意する。
    • 1)筋肉内注射時同一部位への反復注射は避ける。なお、新生児、低出生体重児、乳児、小児には特に注意する。
    • 2)筋肉内注射時神経走行部位を避けるよう注意する。
    • 3)注射針を刺入したとき、激痛を訴えたり血液の逆流を見た場合には、直ちに針を抜き、部位を変えて注射する。
  • 4.アンプルカット時:本品はワンポイントカットアンプルであるが、アンプルのカット部分をエタノール綿等で清拭してからカットすることが望ましい。

テラプチク皮下・筋注30mgの成分一致薬品

テラプチク皮下・筋注30mg

テラプチク皮下・筋注30mg

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます