商品名

アルロイドG内用液5% 添付文書情報

アルロイドG内用液5%の用法用量

胃・十二指腸潰瘍及び糜爛性胃炎における止血及び自覚症状の改善並びに逆流性食道炎における自覚症状の改善には、アルギン酸ナトリウムとして、1回1~3g(本剤20~60mL)を1日3~4回、空腹時に経口投与する。

経口投与が不可能な場合には、ゾンデで経鼻的に投与する。胃生検の出血時の止血には、アルギン酸ナトリウムとして、1回0.5~1.5g(本剤10~30mL)を経内視鏡的に投与するか、1回1.5g(本剤30mL)を経口投与する。

なお、いずれの場合も、年齢、症状により適宜増減する。

アルロイドG内用液5%の効能効果

  • 1.次記疾患における止血及び自覚症状の改善:胃潰瘍・十二指腸潰瘍、糜爛性胃炎。
  • 2.逆流性食道炎における自覚症状の改善。
  • 3.胃生検の出血時の止血。

アルロイドG内用液5%の副作用

その他の副作用

消化器:(0.1~5%未満)下痢、便秘。

アルロイドG内用液5%の使用上の注意

【取扱い上の注意】

使用期限内であっても、開封後はなるべく速やかに使用する。

【保管上の注意】

開封後冷所。

アルロイドG内用液5%

アルロイドG内用液5%

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます