商品名

ソルコセリル膣坐薬 添付文書情報

ソルコセリル膣坐薬の用法用量

1回1個を1日又は隔日1回膣内に挿入する。

ソルコセリル膣坐薬の効能効果

帯下、出血などを伴う子宮膣部糜爛。

ソルコセリル膣坐薬の副作用

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していないため、発現頻度は承認時及び再評価(文献報告等)時の集計である。副作用評価可能症例は1,037例であり、副作用発現率は0.2%(2例)であった。

副作用2例はいずれも外陰部そう痒感であった。

ソルコセリル膣坐薬の使用上の注意

【禁忌】

本剤に対し過敏症又は牛血液を原料とする製剤に対し過敏症(フィブリノリジン、ウシトロンビン)の既往歴のある患者。

【重要な基本的注意】

近年子宮癌早期発見の啓蒙運動が盛んになり、軽微な不正出血をもって直ちに医師を訪れる婦人が多い。子宮膣部に糜爛があり、その一部から出血を認めた場合、癌性変化の有無を確かめることが大切である。このためには細胞診、組織診等を行った結果、癌性変化が否定され、子宮膣部糜爛と診断されたものを治療の対象とする。

【適用上の注意】

本剤の基剤として使用されている油脂性成分は、コンドーム等の避妊用ラテックスゴム製品の品質を劣化・破損する可能性があるため、これらとの接触を避けさせる。

【保管上の注意】

冷所。

ソルコセリル膣坐薬

ソルコセリル膣坐薬

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます