商品名

消毒用エタノール「東豊」 添付文書情報

消毒用エタノール「東豊」の用法用量

本品をそのまま消毒部位に塗布する。

消毒用エタノール「東豊」の効能効果

手指・皮膚の消毒、手術部位(手術野)の皮膚の消毒、医療機器の消毒。

消毒用エタノール「東豊」の副作用

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。

その他の副作用(頻度不明)

  • 1.過敏症:発疹等[このような場合には使用を中止する]。
  • 2.皮膚:皮膚刺激症状[このような場合には使用を中止する]。

消毒用エタノール「東豊」の使用上の注意

【禁忌】

損傷皮膚及び粘膜[刺激作用を有する]。

【重要な基本的注意】

本剤は血清、膿汁等の蛋白質を凝固させ、内部にまで浸透しないことがあるので、これらが付着している医療器具等に用いる場合には、十分に洗い落としてから使用する。

【適用上の注意】

  • 人体:
  • 1.原液又は濃厚液は刺激作用があるので経口投与しない。
  • 2.眼に入らないように注意する(入った場合には水でよく洗い流す)。
  • 3.広範囲又は長期間使用する場合には、蒸気の吸入に注意する。
  • 4.同一部位に反復使用した場合には、脱脂等による皮膚荒れを起こすことがあるので注意する。

【その他の注意】

承認外の経皮的エタノール注入療法<PEIT>使用例で、注入時の疼痛、酩酊感、発熱、承認外の経皮的エタノール注入療法<PEIT>使用例で、本剤の局所外流出による重篤な胆道出血・重篤な腹腔内出血等の出血、肝梗塞、肝不全等が報告されている。

【取扱い上の注意】

  • 1.金属器具を長時間浸漬する必要がある場合には、腐食を防止するために0.2~1.0%の亜硝酸ナトリウムを添加する。
  • 2.合成ゴム製品、合成樹脂製品、光学器具、鏡器具、塗装カテーテル等には、変質するものがあるので、このような器具は長時間浸漬しない。
  • 3.潰すことにより容積を約1/4に低減する。

【保管上の注意】

遮光・気密容器。

火気厳禁。

消毒用エタノール「東豊」

消毒用エタノール「東豊」

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます