商品名

ゲンタシン軟膏0.1% 添付文書情報

ゲンタシン軟膏0.1%の用法用量

1日1~数回患部に塗布するか、あるいはガーゼなどにのばしたものを患部に貼付する。

<用法・用量に関連する使用上の注意>

本剤の使用にあたっては、耐性菌の発現等を防ぐため、原則として感受性を確認し、疾病の治療上必要な最小限の期間の投与にとどめる。

ゲンタシン軟膏0.1%の効能効果

表在性皮膚感染症、慢性膿皮症、糜爛・潰瘍の二次感染。

ゲンタシン軟膏0.1%の有効菌種

ゲンタマイシンに感性のブドウ球菌属、レンサ球菌属(肺炎球菌を除く)、大腸菌、クレブシエラ属、エンテロバクター属、プロテウス属、モルガネラ・モルガニー、プロビデンシア属、緑膿菌。

ゲンタシン軟膏0.1%の副作用

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していないため、発現頻度については文献、自発報告等を参考に集計した(再審査対象外)。

次の症状が現れることがあるので、観察を十分に行い、このような症状が現れた場合には適切な処置を行う。

  • 1.過敏症:(0.1%未満)発疹等[このような症状が現れた場合には投与を中止する]。
  • 2.その他:(頻度不明)腎障害、難聴[このような症状が現れる可能性があるので、長期連用を避ける]。

ゲンタシン軟膏0.1%の使用上の注意

【禁忌】

本剤並びに他のアミノグリコシド系抗生物質及びバシトラシンに対し過敏症の既往歴のある患者。

【重要な基本的注意】

  • 1.感作される恐れがあるので、観察を十分に行い感作されたことを示す兆候(そう痒、発赤、腫脹、丘疹、小水疱等)が現れた場合には使用を中止する。
  • 2.長期間連用しない。

【適用上の注意】

投与経路:眼科用に使用しない。

ゲンタシン軟膏0.1%

ゲンタシン軟膏0.1%

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます