商品名

ソルコセリル軟膏5% 添付文書情報

ソルコセリル軟膏5%の用法用量

1日1~2回患部に塗布する。

ソルコセリル軟膏5%の効能効果

  • 1.熱傷・凍瘡の肉芽形成促進。
  • 2.放射線潰瘍・褥瘡・下腿潰瘍・外傷・一般手術創の肉芽形成促進。

ソルコセリル軟膏5%の副作用

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していないため、発現頻度は承認時及び文献報告(1975年まで)を集計している。副作用評価可能症例(軟膏剤及びゼリー剤)は1,260例であり、副作用発現率は1.1%(14例)であった。副作用は疼痛0.9%、有痛性刺激0.2%、刺激感0.1%であった。

  • 1.過敏症:(頻度不明)過敏症状[症状が発現した場合には投与を中止する]。
  • 2.皮膚:(0.1~5%未満)皮膚局所刺激感。

ソルコセリル軟膏5%の使用上の注意

【禁忌】

本剤に対し過敏症又は牛血液を原料とする製剤に対し過敏症(フィブリノリジン、ウシトロンビン)の既往歴のある患者。

【適用上の注意】

使用時:眼には使用しない。

ソルコセリル軟膏5%

ソルコセリル軟膏5%

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます