商品名

ダイアデント歯科用ゲル5% 添付文書情報

ダイアデント歯科用ゲル5%の用法用量

  • 1.通法により患歯を清掃する。
  • 2.簡易防湿を施し、綿花で清拭する。
  • 3.本剤の適量をとり、スパーテル等で患部を被覆するように塗布、成形し、綿球又はスプレーで水を撒布し、更に洗口させる。
  • 4.4~6時間以上は付着させるようにする。

<ダイアデント歯科用ゲル5%の一般的使用方法>

  • 1.患歯を清拭し、綿花で軽く拭いた後、本剤をスパチュラ様のもので局所を覆うように貼付する。その上から水を含んだ小綿球等で水を滴加し、本剤の表面を固化する。必要があれば更にスパチュラ様のもので形を整える。また、歯顎部部位に貼付の場合は、最後に頬面から軽くさすって整形するのも一方法である。
  • 2.本剤は知覚過敏が抑制されるまで数回にわたって貼付する。
  • 3.本剤貼付後は、なるべく4~6時間程度歯牙に保持するようにし、貼付時間中は食物等の摂取を控え、舌による物理的剥離を避けるように努める。
  • 4.本剤の剥離片は吐き出すようにする。

ダイアデント歯科用ゲル5%の効能効果

象牙質知覚過敏の抑制(象牙質知覚鈍麻)。

ダイアデント歯科用ゲル5%の使用上の注意

【適用上の注意】

  • 1.のみ込まないように注意させる。
  • 2.歯ブラシその他で本剤を取り除くときには、その残片を吐き出すように注意させる。
  • 3.本剤塗布後4~6時間は歯牙に付着させるために、その間は食物等固形物の摂取やブラッシング、舌による物理的剥離を避けるように注意させる。

【取扱い上の注意】

使用後はチューブの口を固く閉めて保管する。

【保管上の注意】

冷暗所、気密容器。

ダイアデント歯科用ゲル5%

ダイアデント歯科用ゲル5%

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます