商品名

アスコルビン酸注100mg「NP」 添付文書情報

アスコルビン酸注100mg「NP」の用法用量

アスコルビン酸として、1日50~2000mgを1~数回に分けて皮下、筋肉内又は静脈内注射する。

なお、年齢、症状により適宜増減する。

アスコルビン酸注100mg「NP」の効能効果

  • 1.ビタミンC欠乏症の予防及び治療(壊血病、メルレル・バロー病)。
  • 2.ビタミンCの需要が増大し、食事からの摂取が不十分な際の補給(消耗性疾患、妊産婦、授乳婦、激しい肉体労働時等)。
  • 3.次記疾患のうち、ビタミンC欠乏又はビタミンC代謝障害が関与すると推定される場合(但し、ビタミンC欠乏又は代謝障害が関与すると推定される場合、効果がないのに月余にわたって漫然と使用すべきでない):毛細管出血(鼻出血、歯肉出血、血尿等)、薬物中毒、副腎皮質機能障害、骨折時の骨基質形成・骨折時の骨癒合促進、肝斑・雀卵斑・炎症後の色素沈着、光線過敏性皮膚炎。

アスコルビン酸注100mg「NP」の使用上の注意

【小児等への投与】

低出生体重児、新生児に使用する場合には十分注意する[外国において、ベンジルアルコールの静脈内大量投与(99~234mg/kg)により、中毒症状(あえぎ呼吸、アシドーシス、痙攣等)が低出生体重児に発現したとの報告がある(本剤は添加剤としてベンジルアルコールを含有している)]。

【臨床検査結果に及ぼす影響】

  • 1.各種の尿糖検査で、尿糖の検出を妨害することがある。
  • 2.各種の尿(潜血、ビリルビン、亜硝酸塩)・便潜血反応検査で、偽陰性を呈することがある。

【適用上の注意】

  • 1.投与経路:経口投与が困難な場合や緊急の場合、また、経口投与で効果が不十分と考えられる場合にのみ使用する。また、投与経路は静脈内注射を原則とする。なお、経口投与が可能で効果が十分と判断された場合には、速やかに経口投与に切り替える。
  • 2.静脈内投与時:静脈内注射により、血管痛が現れることがあるので、投与速度はできるだけ遅くする。
  • 3.皮下・筋肉内投与時:
    • 1)皮下・筋肉内注射により、注射部位に疼痛が現れることがある。
    • 2)筋肉内注射にあたっては、組織・神経等への影響を避けるため、次記の点に注意する。
      • (1)筋肉内注射はやむを得ない場合にのみ、必要最小限に行う。なお、筋肉内注射時同一部位への反復注射は行わない。また、低出生体重児、新生児、乳児、幼児、小児には特に注意する。
      • (2)筋肉内注射時神経走行部位を避けるよう注意する。
      • (3)注射針を刺入したとき、激痛を訴えたり、血液の逆流をみた場合は、直ちに針を抜き、部位を変えて注射する。
  • 4.アンプルカット時:本剤は、ワンポイントカットアンプルを使用しているので、アンプル頭部のマークを上にして反対側(下の方向)に軽く力を加えてカットする。なお、アンプルカット時の異物混入を避けるため、首部の周りをエタノール綿等で清拭する。

【取扱い上の注意】

安定性試験:最終包装製品を用いた長期保存試験[室温(1~30℃)、2年6カ月間]の結果、外観及び含量等は規格の範囲内であり、アスコルビン酸注100mg「NP」は通常の市場流通下において2年6カ月間安定であることが確認された。

【保管上の注意】

(開封後)遮光。

アスコルビン酸注100mg「NP」

アスコルビン酸注100mg「NP」

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます