商品名

ATP腸溶錠20mg「日医工」 添付文書情報

ATP腸溶錠20mg「日医工」の用法用量

アデノシン三リン酸二ナトリウム水和物として、1回40~60mgを1日3回経口投与する。なお、症状により適宜増減する。

ATP腸溶錠20mg「日医工」の効能効果

  • 1.次記疾患に伴う諸症状の改善:頭部外傷後遺症。
  • 2.心不全。
  • 3.消化管機能低下のみられる慢性胃炎。
  • 4.調節性眼精疲労における眼調節機能の安定化。

ATP腸溶錠20mg「日医工」の副作用

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していない。

  • 1.消化器:(頻度不明)悪心、食欲不振、胃腸障害、便秘傾向、口内炎。
  • 2.循環器:(頻度不明)全身拍動感。
  • 3.過敏症:(頻度不明)そう痒感、発疹。
  • 4.精神神経系:(頻度不明)頭痛、眠気、気分が落ち着かない。
  • 5.感覚器:(頻度不明)耳鳴。
  • 6.その他:(頻度不明)脱力感。

ATP腸溶錠20mg「日医工」の使用上の注意

【相互作用】

併用注意:ジピリダモール[ジピリダモールはATP分解物であるアデノシンの血中濃度を上昇させ、心臓血管に対する作用を増強するとの報告があるので、併用にあたっては患者の状態を十分に観察するなど注意する(ジピリダモールのアデノシン取り込み抑制作用により、ATP分解物であるアデノシンの血中濃度が上昇する)]。

【高齢者への投与】

一般に高齢者では生理機能が低下しているので、減量するなど注意する。

【妊婦・産婦・授乳婦等への投与】

妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には投与しないことが望ましい[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない]。

【小児等への投与】

小児等に対する安全性は確立していない。

【適用上の注意】

薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている)。

【取扱い上の注意】

安定性試験:長期保存試験(25℃、相対湿度60%)の結果より、ATP腸溶錠20mg「日医工」は通常の市場流通下において2年間安定であることが確認された。

【保管上の注意】

防湿。

ATP腸溶錠20mg「日医工」

ATP腸溶錠20mg「日医工」

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます