商品名

ツムラ桂枝茯苓丸エキス顆粒(医療用) 添付文書情報

ツムラ桂枝茯苓丸エキス顆粒(医療用)の組成成分

  • 1日量7.5g中
    • ケイヒ:3
    • シャクヤク:3
    • トウニン:3
    • ブクリョウ:3
    • ボタンピ:3
    • 以上のエキス:1.75g

ツムラ桂枝茯苓丸エキス顆粒(医療用)の用法用量

  • 1日7.5gを2~3回に分割し、食前又は食間に経口投与する。なお、年齢、体重、症状により適宜増減する。

ツムラ桂枝茯苓丸エキス顆粒(医療用)の効能効果

体格はしっかりしていて赤ら顔が多く、腹部は大体充実、下腹部に抵抗のあるものの次の諸症:子宮並びにその付属器の炎症、子宮内膜炎、月経不順、月経困難、帯下、更年期障害(頭痛、眩暈、のぼせ、肩こり等)、冷え症、腹膜炎、打撲症、痔疾患、睾丸炎。

ツムラ桂枝茯苓丸エキス顆粒(医療用)の副作用

本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる調査を実施していないため、発現頻度は不明である。

  • 1.重大な副作用
    • 肝機能障害、黄疸:AST上昇(GOT上昇)、ALT上昇(GPT上昇)、Al-P上昇、γ-GTP上昇等を伴う肝機能障害、黄疸が現れることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行う。
  • 2.その他の副作用(頻度不明)
    • 1)過敏症:発疹、発赤、そう痒等[このような症状が現れた場合には投与を中止する]。
    • 2)消化器:食欲不振、胃部不快感、悪心、下痢等。

ツムラ桂枝茯苓丸エキス顆粒(医療用)の使用上の注意

【慎重投与】

著しく体力の衰えている患者[副作用が現れやすくなり、その症状が増強される恐れがある]。

【重要な基本的注意】

  • 1.本剤の使用にあたっては、患者の証(体質・症状)を考慮して投与する。なお、経過を十分に観察し、症状・所見の改善が認められない場合には、継続投与を避ける。
  • 2.他の漢方製剤等を併用する場合は、含有生薬の重複に注意する。

【高齢者への投与】

一般に高齢者では生理機能が低下しているので減量するなど注意する。

【妊婦・産婦・授乳婦等への投与】

妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には投与しないことが望ましい[本剤に含まれるトウニン、ボタンピにより流早産の危険性がある]。

【小児等への投与】

小児等に対する安全性は確立していない[使用経験が少ない]。

【保管上の注意】

遮光・気密容器。

ツムラ桂枝茯苓丸エキス顆粒(医療用)

ツムラ桂枝茯苓丸エキス顆粒(医療用)

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます