商品名

ステリガス 添付文書情報

ステリガスの用法用量

特定酸化エチレンガス滅菌器(ステリ・バックガス滅菌器シリーズ又はZクレーブEJMシリーズ)の一滅菌工程ごとに、本品一缶を用いる。

ステリガスの効能効果

医療器具・機材及び衛生材料の殺菌。

ステリガスの使用上の注意

【警告】

  • 1.ガスを吸入したり、液体を誤飲しない。
  • 2.ガスを眼、皮膚、衣服に接触させない。

【重要な基本的注意】

  • 1.特定酸化エチレンガス滅菌器(ステリ・バックガス滅菌器シリーズ又はZクレーブガス滅菌器EJMシリーズ)に対してのみ、製造者の指示に従って使用する。
  • 2.酸化エチレンによる滅菌に習熟した人が使用する。

【取扱い上の注意】

  • 1.取扱い上の注意:
    • 1)本品を滅菌器に装着する前に、保護用の黄色いキャップを取り外す。
    • 2)可燃性:空気中の可燃限度は、濃度3%~100%。マッチや火のついた煙草など発火する恐れのあるものは、滅菌器の近くにおかない。
    • 3)有毒性:急激に酸化エチレン(エチレンオキシド:EO)を吸入すると、吐き気、嘔吐、眩暈、虚脱感、胸痛、呼吸器官刺激、神経毒などを起こすことがある。
    • 4)多量に被曝した場合:高濃度で吸入すると死に至る場合がある。気道刺激、胸部緊張、頭痛、悪心、嘔吐、下痢、ふらつき感、眩暈、脱力、うとうと状態、チアノーゼ、調整失調、痙攣、昏睡、遅発性肺損傷、即時性皮膚刺激あるいは遅発性皮膚刺激や疱疹、アレルギー性皮膚症状を引き起こすことがある。
    • 5)液体EOが眼に接触した場合:重度眼障害を起こすことがあり、濃度の高いEO蒸気に接触すると、眼刺激を起こすことがある。
    • 6)液体EOが皮膚に接触した場合:後になって水疱状の化学的火傷を起こすことがある。
    • 7)その他起こりうる遅発性の健康障害:神経系損傷、白内障、生殖毒性、発ガン性、変異原性等人体を害する恐れがある。
    • 8)臭気:高濃度ではエーテル様の臭いがある。取扱い者が気づいたり、発見しないうちに毒性発現レベルを被曝することがある。
    • 9)応急処置:いずれの場合も直ちに医師の救急処置を受ける。
      • (1)吸入した場合:直ちに新鮮な空気を吸い、身体をあたため、場合によっては人工呼吸、酸素吸入を施し、吐き気、嘔吐がある場合には、安静にして、症状がみられなくても、医師の手当てを受ける。吸入した場合、症状が遅れてでることがあるので、医師の観察の下におく。
      • (2)眼に接触した場合:直ちに眼を水で最低15分間洗い流す。
      • (3)皮膚に接触した場合:すぐに汚染した衣服を脱ぎ、接触した部分を水で最低15分間よく洗い流し、汚染した衣服は洗濯をしてから身につけ、汚染した皮靴は廃棄処分する。
      • (4)誤飲した場合:少なくとも2杯の水を飲み、無理に吐き出さない(意識不明の人に対しては口からなにも与えない)。
    • 10)極めて可燃性が強いので、火気、火炎、火花の近くで使用しない。
    • 11)適度な換気下で、高圧ガス保安法、労働安全衛生法に従って保存する(高圧ガス保安法では、40℃以上にしないことと規定されているが、製品の特性からなるべく涼しい所に保管する)。
    • 12)廃棄については、使用済みの缶はエアレーションを行って、EOガスを気散させ、産業廃棄物として処分する。焼却しない。缶に穴をあけない。
    • 13)電気:静電気による火花を避けるため、全ての機器にアース(接地)をする。
    • 14)取扱い作業場所には、局所排気装置等の曝露防止措置を講じる。
    • 15)取扱い中は必要に応じ呼吸用保護具、保護手袋等を着用する。
  • 2.安定性試験:室温及び40℃で12カ月保存したものは共に定量試験等いずれの試験項目においても規格に適合した。
ステリガス

ステリガス

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます