商品名

ケタラール静注用50mg 医薬品基本情報

薬効

1119 その他の全身麻酔剤

一般名

ケタミン塩酸塩注射液

英名

Ketalar

剤型

注射液

薬価

292.00成分一致薬品で比較

規格

50mg 5mL 1管

メーカー

第一三共プロファーマ

毒劇区分

(劇)(麻)

ケタラール静注用50mgの効能効果

(検査、手術、処置時) の (全身麻酔、吸入麻酔の導入)

ケタラール静注用50mgの使用制限等

 1.本剤成分又は含有成分で過敏症の既往歴、重症心代償不全、脳血管障害、脳圧亢進症、高血圧<収縮期圧160mmHg以上・拡張期圧100mmHg以上>、痙攣発作の既往、外来患者

記載場所

使用上の注意

注意レベル

禁止

 2.急性アルコール中毒、慢性アルコール中毒

記載場所

使用上の注意

注意レベル

注意

ケタラール静注用50mgの副作用等

 1.急性心不全、無呼吸、舌根沈下、呼吸抑制、覚醒時反応、夢のような状態、幻覚、興奮、錯乱状態、激しい覚醒時反応

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 2.呼吸抑制、痙攣、喉頭痙攣、声門痙攣、全身痙攣

記載場所

重大な副作用

頻度

5%未満

 3.徐脈、血圧下降、血圧上昇、過呼吸、筋緊張亢進、不随意運動、めまい、ふらつき、呻吟、複視、眼振、眼内圧上昇、過敏症、皮膚紅斑、口渇、腹痛、しゃっくり、なきじゃくり、眼瞼浮腫

記載場所

その他の副作用

頻度

頻度不明

 4.不整脈、低血圧、頭痛、夢、興奮、精神症状、流涙、発疹、悪心、嘔吐、食思不振、唾液分泌過多、発熱、発汗、悪寒、顔面潮紅

記載場所

その他の副作用

頻度

5%未満

 5.依存性

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

ケタラール静注用50mgの相互作用

 1.薬剤名等 : 中枢神経系抑制剤

発現事象

覚醒が遅延

理由原因

本剤の作用が増強

投与条件

-

指示

注意

 2.薬剤名等 : ツボクラリン

発現事象

筋弛緩作用を増強

理由原因

本剤がツボクラリンの蛋白結合を阻害

投与条件

-

指示

注意

 3.薬剤名等 : β-遮断剤

発現事象

血圧下降作用が増強

理由原因

β-遮断剤を投与中の患者は高血圧症の場合が多い、本剤の二次的な血圧下降作用が増強

投与条件

-

指示

注意

ケタラール静注用50mgの配合変化

 1.薬剤名等 : バルビツール酸系薬物のナトリウム塩

発現事象

沈殿

理由原因

-

投与条件

-

指示

禁止

 2.薬剤名等 : ジアゼパム

発現事象

沈殿

理由原因

-

投与条件

-

指示

禁止

ケタラール静注用50mg

ケタラール静注用50mg

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます