商品名

トリアゾラム錠0.25mg「CH」 医薬品基本情報

薬効

1124 ベンゾジアゼピン系製剤

一般名

トリアゾラム錠

英名

Triazolam CH

剤型

薬価

5.80成分一致薬品で比較

規格

0.25mg 1錠

メーカー

長生堂製薬

毒劇区分

(向)

トリアゾラム錠0.25mg「CH」の効能効果

不眠症、麻酔前投薬

トリアゾラム錠0.25mg「CH」の使用制限等

 1.本剤成分又は含有成分で過敏症の既往歴、急性狭隅角緑内障、重症筋無力症、イトラコナゾール投与中、HIVプロテアーゼ阻害剤投与中、フルコナゾール投与中、ミコナゾール投与中、エファビレンツ投与中、ボリコナゾール投与中、ホスフルコナゾール投与中、テラプレビル投与中

記載場所

使用上の注意

注意レベル

禁止

 2.気管支喘息、呼吸機能が高度に低下、脳血管障害の急性期、肺気腫、肺性心

記載場所

使用上の注意

注意レベル

原則禁止

 3.心障害、肝障害又はその既往、腎障害、脳器質的障害

記載場所

使用上の注意

注意レベル

慎重投与

 4.睡眠途中において一時的に起床して仕事等を行った、服用して就寝後起床して活動を開始するまでに十分な睡眠時間がとれなかった

記載場所

用法・用量

注意レベル

注意

 5.投与した薬剤が特定されないままにフルマゼニルを投与された、利尿剤併用中

記載場所

使用上の注意

注意レベル

注意

トリアゾラム錠0.25mg「CH」の副作用等

 1.眠気、眩暈、ふらつき、健忘

記載場所

用法・用量

頻度

頻度不明

 2.薬物依存、痙攣発作、譫妄、振戦、不眠、不安、幻覚、妄想、離脱症状、刺激興奮、錯乱、攻撃性、夢遊症状、激越、精神症状、呼吸抑制、炭酸ガスナルコーシス、一過性前向性健忘、中途覚醒時の出来事をおぼえていない、もうろう状態、肝炎、肝機能障害、黄疸、ショック、アナフィラキシー様症状、発疹、血管性浮腫、呼吸困難

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 3.眠気、ふらつき、眩暈、頭痛、頭重、不安、不眠、いらいら感、協調運動失調、不快感、舌のもつれ、言語障害、見当識障害、意識混濁、耳鳴、視覚異常、霧視、散瞳、羞明、眼精疲労、多夢、魔夢、知覚減退、転倒、多幸症、鎮静、AST上昇、GOT上昇、ALT上昇、GPT上昇、γ-GTP上昇、Al-P上昇、口渇、食欲不振、悪心、嘔吐、下痢、腹痛、心窩部不快感、便秘、血圧上昇、動悸、胸部圧迫感、血圧降下、過敏症、発疹、そう痒、倦怠感、脱力感、筋緊張低下症状、味覚変化、皮下出血、尿失禁、便失禁、尿閉、CK上昇、CPK上昇

記載場所

その他の副作用

頻度

頻度不明

 4.もうろう状態、睡眠随伴症状、夢遊症状、炭酸ガスナルコーシス、運動失調、奇形児、障害児、哺乳困難、嘔吐、活動低下、筋緊張低下、過緊張、嗜眠、傾眠、呼吸抑制、無呼吸、チアノーゼ、易刺激性、神経過敏、振戦、低体温、頻脈、離脱症状、新生児仮死、黄疸増強、体重減少、錯乱、協調運動障害、不明瞭言語、昏睡、悪性症候群、無動緘黙、強度筋強剛、嚥下困難、血圧変動、発汗、痙攣発作、死亡、作用が変化、作用が遅延、日中不安、激越、情緒不安、失神、躁状態、離人症、抑うつ状態、異常感覚、錯感覚、肝不全、胆汁うっ滞性黄疸、舌灼熱感、舌炎、口内炎、うっ血、筋緊張異常、筋痛、疲労、性欲減退、月経不順

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

トリアゾラム錠0.25mg「CH」の相互作用

 1.薬剤名等 : イトラコナゾール

発現事象

本剤の血中濃度が上昇し作用の増強及び作用時間の延長

理由原因

本剤とこれらの薬剤の代謝酵素が同じ(CYP3A4)であるため、本剤の代謝が阻害

投与条件

-

指示

禁止

 2.薬剤名等 : フルコナゾール

発現事象

本剤の血中濃度が上昇し作用の増強及び作用時間の延長

理由原因

本剤とこれらの薬剤の代謝酵素が同じ(CYP3A4)であるため、本剤の代謝が阻害

投与条件

-

指示

禁止

 3.薬剤名等 : ホスフルコナゾール

発現事象

本剤の血中濃度が上昇し作用の増強及び作用時間の延長

理由原因

本剤とこれらの薬剤の代謝酵素が同じ(CYP3A4)であるため、本剤の代謝が阻害

投与条件

-

指示

禁止

 4.薬剤名等 : ボリコナゾール

発現事象

本剤の血中濃度が上昇し作用の増強及び作用時間の延長

理由原因

本剤とこれらの薬剤の代謝酵素が同じ(CYP3A4)であるため、本剤の代謝が阻害

投与条件

-

指示

禁止

 5.薬剤名等 : ミコナゾール

発現事象

本剤の血中濃度が上昇し作用の増強及び作用時間の延長

理由原因

本剤とこれらの薬剤の代謝酵素が同じ(CYP3A4)であるため、本剤の代謝が阻害

投与条件

-

指示

禁止

 6.薬剤名等 : HIVプロテアーゼ阻害剤

発現事象

本剤の血中濃度が上昇し作用の増強及び作用時間の延長

理由原因

本剤とこれらの薬剤の代謝酵素が同じ(CYP3A4)であるため、本剤の代謝が阻害

投与条件

-

指示

禁止

 7.薬剤名等 : エファビレンツ

発現事象

本剤の血中濃度が上昇し作用の増強及び作用時間の延長

理由原因

本剤とこれらの薬剤の代謝酵素が同じ(CYP3A4)であるため、本剤の代謝が阻害

投与条件

-

指示

禁止

 8.薬剤名等 : テラプレビル

発現事象

本剤の血中濃度が上昇し作用の増強及び作用時間の延長

理由原因

本剤とこれらの薬剤の代謝酵素が同じ(CYP3A4)であるため、本剤の代謝が阻害

投与条件

-

指示

禁止

 9.薬剤名等 : アルコール

発現事象

精神神経系等の副作用

理由原因

中枢神経抑制作用が増強

投与条件

-

指示

希望禁止

10.薬剤名等 : 中枢神経抑制剤

発現事象

精神神経系等の副作用

理由原因

中枢神経抑制作用が増強

投与条件

-

指示

注意

11.薬剤名等 : エリスロマイシン

発現事象

本剤の血中濃度が上昇

理由原因

本剤とこれらの薬剤の代謝酵素が同じ(CYP3A4)であるため、本剤の代謝が阻害

投与条件

-

指示

注意

12.薬剤名等 : クラリスロマイシン

発現事象

本剤の血中濃度が上昇

理由原因

本剤とこれらの薬剤の代謝酵素が同じ(CYP3A4)であるため、本剤の代謝が阻害

投与条件

-

指示

注意

13.薬剤名等 : ジョサマイシン

発現事象

本剤の血中濃度が上昇

理由原因

本剤とこれらの薬剤の代謝酵素が同じ(CYP3A4)であるため、本剤の代謝が阻害

投与条件

-

指示

注意

14.薬剤名等 : シメチジン

発現事象

本剤の血中濃度が上昇

理由原因

本剤とこれらの薬剤の代謝酵素が同じ(CYP3A4)であるため、本剤の代謝が阻害

投与条件

-

指示

注意

15.薬剤名等 : ジルチアゼム

発現事象

本剤の血中濃度が上昇

理由原因

本剤とこれらの薬剤の代謝酵素が同じ(CYP3A4)であるため、本剤の代謝が阻害

投与条件

-

指示

注意

16.薬剤名等 : イマチニブメシル酸塩

発現事象

本剤の血中濃度が上昇

理由原因

本剤とこれらの薬剤の代謝酵素が同じ(CYP3A4)であるため、本剤の代謝が阻害

投与条件

-

指示

注意

17.薬剤名等 : キヌプリスチン

発現事象

本剤の血中濃度が上昇

理由原因

これらの薬剤が代謝酵素(CYP3A4)を阻害することにより、本剤の代謝が阻害

投与条件

-

指示

注意

18.薬剤名等 : ダルホプリスチン

発現事象

本剤の血中濃度が上昇

理由原因

これらの薬剤が代謝酵素(CYP3A4)を阻害することにより、本剤の代謝が阻害

投与条件

-

指示

注意

19.薬剤名等 : リファンピシン

発現事象

本剤の作用が低下

理由原因

本剤の代謝が促進

投与条件

-

指示

注意

20.薬剤名等 : モノアミン酸化酵素阻害剤

発現事象

多汗・起立性低血圧等の副作用

理由原因

-

投与条件

-

指示

注意

21.薬剤名等 : 利尿剤併用中

発現事象

死亡、肝不全

理由原因

-

投与条件

-

指示

注意

トリアゾラム錠0.25mg「CH」

トリアゾラム錠0.25mg「CH」

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます