商品名

エリスパン錠0.25mg 医薬品基本情報

薬効

1124 ベンゾジアゼピン系製剤

一般名

フルジアゼパム錠

英名

Erispan

剤型

薬価

7.80成分一致薬品で比較

規格

0.25mg 1錠

メーカー

大日本住友製薬

毒劇区分

(向)

エリスパン錠0.25mgの効能効果

(高血圧症、消化器疾患、自律神経失調症、心臓神経症、心身症) の (易疲労性、身体症候、緊張、焦燥、睡眠障害、不安、抑うつ)

エリスパン錠0.25mgの使用制限等

 1.急性閉塞隅角緑内障、重症筋無力症

記載場所

使用上の注意

注意レベル

禁止

 2.心障害、肝障害、腎障害、脳器質的障害、重篤な呼吸不全、中等度呼吸不全

記載場所

使用上の注意

注意レベル

慎重投与

 3.投与した薬剤が特定されないままにフルマゼニルを投与された

記載場所

使用上の注意

注意レベル

注意

エリスパン錠0.25mgの副作用等

 1.薬物依存、痙攣発作、譫妄、振戦、不眠、不安、幻覚、妄想、離脱症状、刺激興奮、錯乱

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 2.眠気、眩暈、ふらつき、頭痛、頭重、口渇、食欲不振、悪心、嘔気、腹部不快感、腹部膨満感、便秘、過敏症、発疹、疲労感、倦怠感、脱力感

記載場所

その他の副作用

頻度

5%未満

 3.発揚、焦燥感、振戦、ぼんやり、起床時不快感、眼症状、眼調節障害、複視、羞明、立ちくらみ、譫妄、物忘れ、不眠、多夢、言語障害、AST上昇、GOT上昇、ALT上昇、GPT上昇、黄疸、下痢、軟便、流涎増加、胸やけ、そう痒、筋弛緩、性欲減退、排尿困難、しゃがれ声、喉のつまり感、舌先のぴりぴり感、手のしびれ、発汗、微熱、腋窩のはれ、尿失禁、月経前緊張、抜毛

記載場所

その他の副作用

頻度

0.1%未満

 4.運動失調、口唇裂、口蓋裂、哺乳困難、嘔吐、活動低下、筋緊張低下、過緊張、嗜眠、傾眠、呼吸抑制、無呼吸、チアノーゼ、易刺激性、神経過敏、振戦、低体温、頻脈、離脱症状、新生児仮死、黄疸増強、体重減少、作用が変化、作用が遅延

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

エリスパン錠0.25mgの相互作用

 1.薬剤名等 : 中枢神経抑制剤

発現事象

作用が増強

理由原因

ともに中枢神経抑制作用を有するため、相互に作用を増強

投与条件

-

指示

希望禁止

 2.薬剤名等 : アルコール

発現事象

作用が増強

理由原因

ともに中枢神経抑制作用を有するため、相互に作用を増強

投与条件

-

指示

希望禁止

 3.薬剤名等 : 飲酒

発現事象

作用が増強

理由原因

ともに中枢神経抑制作用を有するため、相互に作用を増強

投与条件

-

指示

希望禁止

 4.薬剤名等 : モノアミン酸化酵素阻害剤

発現事象

作用が増強

理由原因

-

投与条件

-

指示

希望禁止

エリスパン錠0.25mgの成分一致薬品

成分一致薬品は見つかりませんでした。

エリスパン錠0.25mg

エリスパン錠0.25mg

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます