商品名

ベタナミン錠50mg 医薬品基本情報

薬効

1179 その他の精神神経用剤

一般名

ペモリン錠

英名

Betanamin

剤型

薬価

51.10成分一致薬品で比較

規格

50mg 1錠

メーカー

三和化学研究所

毒劇区分

(向)

ベタナミン錠50mgの効能効果

(ナルコレプシー、ナルコレプシーの近縁傾眠疾患) の (傾眠傾向、睡眠発作、精神的弛緩) の改善

ベタナミン錠50mgの使用制限等

 1.過度の不安、強迫状態、緊張、幻覚、興奮性、焦燥、ヒステリー状態、舞踏病、妄想症状、重篤な肝障害、緑内障、甲状腺機能亢進、狭心症、動脈硬化症、不整頻拍、痙攣性疾患、てんかん、本剤成分又は含有成分で過敏症の既往歴

記載場所

使用上の注意

注意レベル

禁止

 2.てんかんの既往、肝機能障害又はその既往、高血圧、重篤な腎機能障害

記載場所

使用上の注意

注意レベル

慎重投与

ベタナミン錠50mgの副作用等

 1.重篤な肝障害、肝不全

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 2.薬物依存

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 3.不眠、口渇

記載場所

その他の副作用

 4.過敏症、発疹、眩暈、幻覚、興奮、刺激性、運動亢進、発熱

記載場所

その他の副作用

頻度

頻度不明

 5.焦燥感、頭痛、逆説的傾眠、肩こり、不安、食欲不振、嘔気、便秘、胃部不快感、頻脈、心悸亢進、発汗、疲労

記載場所

その他の副作用

頻度

5%未満

 6.重篤な肝障害、死亡

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

 7.致死的、覚醒効果、不眠、一過性逆説的傾眠、致死的急性肝不全、発育抑制、頻脈、幻覚、激越、情動不安、涙中のリゾチーム活性低下、角膜混濁、角膜潰瘍

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

ベタナミン錠50mgの相互作用

 1.薬剤名等 : 昇圧剤

発現事象

作用を増強

理由原因

本剤の交感神経刺激作用

投与条件

-

指示

注意

 2.薬剤名等 : MAO阻害剤

発現事象

作用を増強

理由原因

本剤の交感神経刺激作用

投与条件

-

指示

注意

 3.薬剤名等 : グアネチジン

発現事象

降圧作用を減弱

理由原因

本剤が交感神経遮断作用に拮抗

投与条件

-

指示

注意

ベタナミン錠50mg

ベタナミン錠50mg

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます