商品名

スキサメトニウム注100「マルイシ」 医薬品基本情報

薬効

1224 コリン系製剤

一般名

スキサメトニウム塩化物注射液

英名

Suxamethonium

剤型

注射液

薬価

240.00成分一致薬品で比較

規格

2% 5mL 1管

メーカー

丸石製薬

毒劇区分

(毒)

スキサメトニウム注100「マルイシ」の効能効果

麻酔時の筋弛緩、 (気管内挿管時、喉頭痙攣、骨折脱臼整復時) の筋弛緩、電撃療法の筋弛緩、腹部腫瘤診断時

スキサメトニウム注100「マルイシ」の使用制限等

 1.四肢麻痺、急性期後の広範性挫滅性外傷、急性期後の重症熱傷、本剤成分又は含有成分で過敏症の既往歴

記載場所

使用上の注意

注意レベル

禁止

 2.ジギタリス中毒の既往、尿毒症、最近ジギタリスを投与された、広範性挫滅性外傷<急性期後の広範性挫滅性外傷を除く>、重症熱傷<急性期後の重症熱傷を除く>、緑内障

記載場所

使用上の注意

注意レベル

原則禁止

 3.非脱分極性筋弛緩剤で過去にアナフィラキシー反応の既往

記載場所

使用上の注意

注意レベル

注意

スキサメトニウム注100「マルイシ」の副作用等

 1.アナフィラキシー、気道内圧上昇、血圧低下、頻脈、全身発赤、不整脈、血圧変動、急激な体温上昇、筋硬直、血液暗赤色化、チアノーゼ、過呼吸、ソーダライムの異常過熱、ソーダライムの急激な変色、発汗、アシドーシス、高カリウム血症、ミオグロビン尿、ポートワイン色尿、重篤な悪性高熱、横紋筋融解症、気管支痙攣、遷延性無呼吸、持続性呼吸麻痺、心停止、呼吸停止、著明な血清逸脱酵素上昇、筋肉痛

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 2.ショック

記載場所

重大な副作用

頻度

0.1%未満

 3.徐脈、頻脈、不整脈、血圧降下、筋肉痛、発疹、眼内圧上昇、アレルギー症状

記載場所

その他の副作用

頻度

頻度不明

 4.呼吸停止、心停止、アナフィラキシー反応、悪性高熱症、ミオグロビン血症、循環器系副作用、徐脈、不整脈

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

スキサメトニウム注100「マルイシ」の相互作用

 1.薬剤名等 : 最近ジギタリスを投与された

発現事象

心停止

理由原因

血中カリウムの増加作用

投与条件

-

指示

原則禁止

 2.薬剤名等 : ジギタリス強心配糖体

発現事象

重篤な不整脈

理由原因

スキサメトニウム塩化物水和物の血中カリウム増加作用又はカテコールアミン放出

投与条件

-

指示

原則禁止

 3.薬剤名等 : コリンエステラーゼ阻害作用を有する薬剤

発現事象

本剤の作用が増強し遷延性無呼吸<持続性呼吸麻痺>

理由原因

コリンエステラーゼによる本剤の分解が阻害

投与条件

-

指示

注意

 4.薬剤名等 : 非脱分極性筋弛緩剤

発現事象

本剤の筋弛緩作用が持続し遷延性無呼吸<持続性呼吸麻痺>

理由原因

本剤の神経-筋遮断作用に対して、抵抗性を増加することがあり、それゆえ、筋弛緩を得るには大量の本剤が必要となり、終板の感受性低下や手術後の無呼吸を延長

投与条件

-

指示

注意

 5.薬剤名等 : デスフルラン

発現事象

本剤の筋弛緩作用が増強

理由原因

本剤の筋弛緩作用が増強

投与条件

-

指示

注意

 6.薬剤名等 : イソフルラン

発現事象

本剤の筋弛緩作用が増強

理由原因

本剤の筋弛緩作用が増強

投与条件

-

指示

注意

 7.薬剤名等 : アプロチニン

発現事象

本剤の作用が増強又は遷延

理由原因

アプロチニンはコリンエステラーゼ活性を阻害

投与条件

-

指示

注意

 8.薬剤名等 : ゾピクロン

発現事象

本剤の作用が増強又は遷延

理由原因

相加的に抗痙攣作用、中枢神経抑制作用が増強

投与条件

-

指示

注意

 9.薬剤名等 : エスゾピクロン

発現事象

本剤の作用が増強又は遷延

理由原因

相加的に抗痙攣作用、中枢神経抑制作用が増強

投与条件

-

指示

注意

10.薬剤名等 : アミノグリコシド系抗生剤

発現事象

突発的に呼吸困難

理由原因

両薬剤ともに神経遮断作用を有しており、併用によりその作用が増強

投与条件

抗生剤を投与した外科手術後

指示

注意

11.薬剤名等 : リンコマイシン系抗生剤

発現事象

本剤の筋弛緩作用が増強

理由原因

リンコマイシン系抗生剤は神経筋弛緩作用を持ち、本剤の作用が相加

投与条件

-

指示

注意

12.薬剤名等 : イリノテカン塩酸塩

発現事象

本剤の筋弛緩作用が減弱

理由原因

イリノテカンはアセチルコリン受容体への結合能を持っている

投与条件

-

指示

注意

スキサメトニウム注100「マルイシ」の配合変化

 1.薬剤名等 : 静脈麻酔剤

発現事象

沈殿

理由原因

-

投与条件

-

指示

禁止

スキサメトニウム注100「マルイシ」

スキサメトニウム注100「マルイシ」

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます