商品名

チノカプセル125 医薬品基本情報

薬効

2362 胆汁酸製剤

一般名

ケノデオキシコール酸カプセル

英名

Chino

剤型

カプセル

薬価

25.90成分一致薬品で比較

規格

125mg 1カプセル

メーカー

藤本製薬

毒劇区分

チノカプセル125の効能効果

コレステロール系胆石の溶解

チノカプセル125の使用制限等

 1.重篤な胆道障害、重篤な膵障害、重篤な肝障害、肝・胆道系に閉塞性病変

記載場所

使用上の注意

注意レベル

禁止

 2.消化管に潰瘍性病変、胆管に胆石、肝障害の既往

記載場所

使用上の注意

注意レベル

慎重投与

チノカプセル125の副作用等

 1.Al-P上昇、ビリルビン上昇、倦怠感、眩暈

記載場所

その他の副作用

頻度

頻度不明

 2.ALT上昇、GPT上昇、AST上昇、GOT上昇、下痢、軟便、腹痛、腹部不快感、胸やけ、腹部膨満感、過敏症、発疹

記載場所

その他の副作用

頻度

5%未満

 3.悪心、嘔吐、食欲不振、そう痒、顔のむくみ

記載場所

その他の副作用

頻度

0.1%未満

 4.肝障害

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

 5.胆汁うっ滞、胎仔肝の組織学的変化

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

チノカプセル125の相互作用

 1.薬剤名等 : スルホニル尿素系経口糖尿病薬

発現事象

血糖降下作用を増強

理由原因

本剤によりトルブタミドが血漿蛋白から遊離

投与条件

-

指示

注意

 2.薬剤名等 : 制酸剤

発現事象

本剤の作用を減弱

理由原因

アルミニウムを含有する制酸剤は本剤を吸着し、本剤の吸収が阻害

投与条件

-

指示

注意

 3.薬剤名等 : コレスチラミン

発現事象

本剤の作用を減弱

理由原因

コレスチラミンは陰イオン交換樹脂であるため、本剤と結合し吸収が阻害

投与条件

-

指示

注意

 4.薬剤名等 : 脂質低下剤

発現事象

本剤の作用を減弱

理由原因

脂質低下剤は胆汁中のコレステロール分泌を促進するため、コレステロール胆石形成が促進

投与条件

-

指示

注意

チノカプセル125の成分一致薬品

成分一致薬品は見つかりませんでした。

チノカプセル125

チノカプセル125

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます