商品名

オペプリム 医薬品基本情報

薬効

2499 他に分類されないホルモン剤(抗ホルモン剤を含む)

一般名

ミトタンカプセル

英名

Opeprim

剤型

カプセル

薬価

860.60成分一致薬品で比較

規格

500mg 1カプセル

メーカー

ヤクルト本社

毒劇区分

(劇)

オペプリムの効能効果

副腎癌、クッシング症候群

オペプリムの使用制限等

 1.重篤な外傷、スピロノラクトン投与中、ペントバルビタール投与中

記載場所

使用上の注意

注意レベル

禁止

 2.本剤成分又は含有成分で過敏症の既往歴

記載場所

使用上の注意

注意レベル

原則禁止

 3.副腎皮質からの転移腫瘍以外の肝疾患

記載場所

使用上の注意

注意レベル

慎重投与

 4.下垂体性ACTH過剰分泌によるクッシング症候群、クッシング病、副腎皮質からの転移腫瘍以外の肝疾患、無月経

記載場所

使用上の注意

注意レベル

注意

オペプリムの副作用等

 1.著しいAST上昇、著しいGOT上昇、著しいALT上昇、著しいGPT上昇、著しいγ-GTP上昇、著しいAl-P上昇、肝機能障害、黄疸

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 2.胃潰瘍、胃腸出血、紅皮症、認知症、妄想、副腎不全、低血糖、低血糖症状、腎障害、尿細管障害

記載場所

重大な副作用

頻度

5%未満

 3.嘔吐、下痢、発疹、脱毛、皮膚そう痒、皮膚色素沈着、嗜眠、言語障害、頭痛、眩暈、女性型乳房、AST上昇、GOT上昇、ALT上昇、GPT上昇、Al-P上昇、貧血、白血球減少、浮腫、全身倦怠感、味覚異常

記載場所

その他の副作用

 4.食欲不振、嘔気、歩行不安定、脳波異常、γ-GTP上昇、総コレステロール上昇、低尿酸血症

記載場所

その他の副作用

頻度

頻度不明

 5.口内異常感、便秘、腹痛、口渇、皮膚乾燥、振戦、不穏、不安、健忘、神経過敏、神経症、しびれ、帯下増加、性器出血、ACTH高値、低ナトリウム血症、低カリウム血症、血小板増加、眼底出血、乏尿、血漿レニン活性上昇、高血圧、動悸、QT延長、耳鳴、腰痛、発熱、のぼせ、脱力感、関節痛、筋肉痛

記載場所

その他の副作用

頻度

5%未満

 6.脳の機能障害

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

 7.副腎不全、中枢神経症状、急激な血漿中濃度上昇

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

オペプリムの相互作用

 1.薬剤名等 : スピロノラクトン

発現事象

本剤の作用が阻害

理由原因

ミトタンの薬効が阻害されるとの海外報告がある

投与条件

-

指示

禁止

 2.薬剤名等 : ペントバルビタール

発現事象

睡眠作用が減弱

理由原因

ペントバルビタールの睡眠作用を減弱するとの海外報告がある

投与条件

-

指示

禁止

 3.薬剤名等 : エプレレノン

発現事象

本剤の作用が阻害

理由原因

本剤の薬効をこれらの薬剤の類薬(スピロノラクトン)が阻害

投与条件

-

指示

注意

 4.薬剤名等 : エサキセレノン

発現事象

本剤の作用が阻害

理由原因

本剤の薬効をこれらの薬剤の類薬(スピロノラクトン)が阻害

投与条件

-

指示

注意

 5.薬剤名等 : トリロスタン

発現事象

副腎皮質機能抑制作用が増強

理由原因

トリロスタンは副腎皮質ステロイドホルモン生合成阻害作用を有する

投与条件

-

指示

注意

 6.薬剤名等 : CYP3A4で代謝を受ける薬剤

発現事象

血中濃度が低下し作用が減弱

理由原因

本剤は肝チトクロームP-450(CYP3A4)を誘導するため、CYP3A4で代謝を受ける薬剤の血中濃度に影響を与える

投与条件

-

指示

注意

オペプリムの成分一致薬品

成分一致薬品は見つかりませんでした。

オペプリム

オペプリム

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます