商品名

リュープロレリン酢酸塩注射用キット3.75mg「あすか」 医薬品基本情報

薬効

2499 他に分類されないホルモン剤(抗ホルモン剤を含む)

一般名

リュープロレリン酢酸塩キット

英名

Leuprorelin acetate

剤型

キット類

薬価

20529.00成分一致薬品で比較

規格

3.75mg 1筒

メーカー

あすか製薬

毒劇区分

(劇)

リュープロレリン酢酸塩注射用キット3.75mg「あすか」の効能効果

子宮内膜症、子宮筋腫の (過多月経、下腹痛、貧血、腰痛) の (筋腫核の縮小、症状の改善) 、閉経前乳癌、前立腺癌、中枢性思春期早発症

リュープロレリン酢酸塩注射用キット3.75mg「あすか」の使用制限等

 1.類薬で過敏症の既往歴、本剤成分又は含有成分で過敏症の既往歴、診断のつかない異常性器出血

記載場所

使用上の注意

注意レベル

禁止

 2.粘膜下筋腫、脊髄圧迫による腎障害又はその恐れ・疑い、尿路閉塞による腎障害又はその恐れ・疑い

記載場所

使用上の注意

注意レベル

慎重投与

 3.粘膜下筋腫

記載場所

使用上の注意

注意レベル

注意

リュープロレリン酢酸塩注射用キット3.75mg「あすか」の副作用等

 1.骨塩量低下

記載場所

用法・用量

頻度

頻度不明

 2.下垂体卒中、頭痛、視力障害、視野障害

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 3.発熱、咳嗽、呼吸困難、胸部X線異常、間質性肺炎、アナフィラキシー、AST上昇、GOT上昇、ALT上昇、GPT上昇、肝機能障害、黄疸、糖尿病、糖尿病増悪、心筋梗塞、脳梗塞、静脈血栓症、肺塞栓症、血栓塞栓症、更年期障害様のうつ状態、うつ状態、骨疼痛の一過性増悪、尿路閉塞、脊髄圧迫、心不全

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 4.注射部位反応

記載場所

その他の副作用

 5.低エストロゲン症状、ほてり、熱感、のぼせ、肩こり、頭痛、不眠、眩暈、発汗、性欲減退、冷感、視覚障害、情緒不安定、不正出血、膣乾燥、性交痛、膣炎、帯下増加、卵巣過剰刺激症状、乳房疼痛、乳房緊満感、乳房萎縮、関節痛、骨疼痛、疼痛、手指のこわばり、こわばり、腰痛、筋肉痛、筋痙攣、骨塩量低下、血清リン上昇、高カルシウム血症、ざ瘡、皮膚乾燥、脱毛、多毛、爪異常、眠気、いらいら感、記憶力低下、注意力低下、知覚異常、過敏症、発疹、そう痒、AST上昇、GOT上昇、ALT上昇、GPT上昇、Al-P上昇、LDH上昇、γ-GTP上昇、ビリルビン上昇、黄疸、悪心、嘔吐、食欲不振、腹痛、腹部膨満感、下痢、便秘、口内炎、口渇、心悸亢進、血圧上昇、赤血球増多、貧血、白血球減少、血小板減少、部分トロンボプラスチン時間延長、頻尿、排尿困難、BUN上昇、硬結、発赤、膿瘍、腫脹、潰瘍、肉芽腫、腫瘤、壊死、注射部位反応、疲労、倦怠感、脱力感、口唇のしびれ、四肢のしびれ、手根管症候群、耳鳴、難聴、胸部不快感、浮腫、体重増加、下肢痛、息苦しさ、発熱、総コレステロール上昇、LDLコレステロール上昇、トリグリセリド上昇、高カリウム血症、体重減少、味覚異常、甲状腺機能異常、痙攣、顔面潮紅、勃起障害、女性化乳房、睾丸萎縮、会陰部不快感、肩疼痛、腰疼痛、四肢疼痛、歩行困難、皮膚炎、頭部発毛、血尿、心電図異常、心胸比増大、胸部圧迫感、悪寒、尿酸上昇、血糖値上昇

記載場所

その他の副作用

頻度

頻度不明

 6.更年期障害様のうつ状態、骨疼痛の一過性増悪、尿路閉塞、脊髄圧迫、流産、胎仔死亡増加、胎仔体重低値、胎仔骨格異常増加、血栓症、良性下垂体腺腫

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

リュープロレリン酢酸塩注射用キット3.75mg「あすか」の相互作用

 1.薬剤名等 : 性ホルモン剤

発現事象

本剤の効果を減弱

理由原因

本剤は性ホルモンの分泌を低下させることにより薬効を示す

投与条件

-

指示

注意

リュープロレリン酢酸塩注射用キット3.75mg「あすか」

リュープロレリン酢酸塩注射用キット3.75mg「あすか」

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます