商品名

フィジオ140輸液 医薬品基本情報

薬効

3319 その他の血液代用剤

一般名

酢酸リンゲル液(ブドウ糖加)(2-2)

英名

Physio

剤型

注射液

薬価

175.00成分一致薬品で比較

規格

500mL 1袋

メーカー

大塚製薬工場

毒劇区分

フィジオ140輸液の効能効果

(組織間液減少時、循環血液量減少時) の (細胞外液の補給、細胞外液の補正) 、代謝性アシドーシスの補正

フィジオ140輸液の使用制限等

 1.甲状腺機能低下症、高マグネシウム血症

記載場所

使用上の注意

注意レベル

禁止

 2.腎疾患に基づく腎不全、心不全、高張性脱水症、閉塞性尿路疾患により尿量が減少、糖尿病

記載場所

使用上の注意

注意レベル

慎重投与

フィジオ140輸液の副作用等

 1.脳浮腫、肺水腫、末梢浮腫

記載場所

その他の副作用

頻度

頻度不明

 2.ST低下、不整脈

記載場所

その他の副作用

頻度

5%未満

 3.一過性血圧低下、心電図R波電位減高、呼吸数増加

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

フィジオ140輸液の配合変化

 1.薬剤名等 : リン酸を含む製剤

発現事象

沈殿

理由原因

リン酸イオン及び炭酸イオン

投与条件

-

指示

禁止

 2.薬剤名等 : 炭酸を含む製剤

発現事象

沈殿

理由原因

リン酸イオン及び炭酸イオン

投与条件

-

指示

禁止

 3.薬剤名等 : チオペンタールナトリウム

発現事象

直接若しくはピギーバック方式で混合した場合沈殿生成や結晶析出

理由原因

-

投与条件

-

指示

禁止

 4.薬剤名等 : カンレノ酸カリウム

発現事象

直接若しくはピギーバック方式で混合した場合沈殿生成や結晶析出

理由原因

-

投与条件

-

指示

禁止

 5.薬剤名等 : クエン酸加血液

発現事象

凝血

理由原因

本剤はカルシウムを含有

投与条件

-

指示

注意

 6.薬剤名等 : セファピリンナトリウム

発現事象

抗生物質の力価が低下

理由原因

-

投与条件

-

指示

注意

 7.薬剤名等 : アルベカシン硫酸塩

発現事象

抗生物質の力価が低下

理由原因

-

投与条件

-

指示

注意

 8.薬剤名等 : セフタジジム

発現事象

抗生物質の力価が低下

理由原因

-

投与条件

-

指示

注意

フィジオ140輸液

フィジオ140輸液

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます