商品名

ポリドカスクレロール3%注2mL 医薬品基本情報

薬効

3329 その他の止血剤

一般名

ポリドカノール注射液

英名

Polidocasklerol

剤型

注射液

薬価

843.00成分一致薬品で比較

規格

3% 2mL 1管

メーカー

カイゲンファーマ

毒劇区分

(劇)

ポリドカスクレロール3%注2mLの効能効果

一次性下肢静脈瘤の硬化退縮

ポリドカスクレロール3%注2mLの使用制限等

 1.血栓症の既往、深部静脈血栓症、動脈硬化、糖尿病性細小血管症、動脈性血行障害、歩行の困難、DIC、多臓器障害、播種性血管内血液凝固症候群、経口避妊薬服用中、抗凝固剤服用中、抗血小板剤服用中、重篤な心疾患、ショック、前ショック状態、本剤成分又は含有成分で過敏症の既往歴、気管支喘息、投与部位並びにその周辺に炎症、投与部位並びにその周辺に潰瘍、卵円孔開存症を介した奇異性塞栓症による一過性脳虚血発作又はその既往、卵円孔開存症を介した奇異性塞栓症による脳卒中又はその既往

記載場所

使用上の注意

注意レベル

禁止

 2.心疾患、重篤な肝障害、重篤な腎障害、発熱、卵円孔開存症<本症を介す奇異性塞栓症による脳卒中・TIA等及び既往除く>、本剤成分又は含有成分で視覚症状の既往歴、本剤成分又は含有成分で神経症状の既往歴、本剤成分又は含有成分で精神症状の既往歴

記載場所

使用上の注意

注意レベル

慎重投与

 3.直径8mmを超える一次性下肢静脈瘤、直径12mmを超える一次性下肢静脈瘤

記載場所

効能・効果

注意レベル

注意

ポリドカスクレロール3%注2mLの副作用等

 1.瘤内血栓、局所色素沈着

記載場所

重大な副作用

 2.アナフィラキシーショック、致死的転帰、喘息発作、血圧低下、意識消失、全身性蕁麻疹、血管浮腫、眼瞼浮腫、呼吸困難、肺塞栓症、深部静脈血栓症、血栓性静脈炎、血栓塞栓症、息切れ、胸部不快感、下肢疼痛、下肢浮腫、脳血管障害、一過性脳虚血発作、心停止、循環虚脱、動悸、心電図異常、肺水腫、錯乱、局所組織障害、局所壊死、局所潰瘍

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 3.瘤内血栓、皮膚色素沈着

記載場所

その他の副作用

 4.頭痛、片頭痛、錯感覚、胸痛、視覚障害、味覚異常、血圧低下、ショック、DIC、播種性血管内血液凝固症候群

記載場所

その他の副作用

頻度

頻度不明

 5.皮膚水疱、皮下出血、皮膚異常感覚、皮膚そう痒、皮膚浮腫、発赤、静脈炎、皮膚炎、皮膚糜爛、皮膚疼痛、圧痛、湿疹、アレルギー性皮膚反応、白血球減少、中性脂肪上昇、LDH上昇、γ-GTP上昇、CRP上昇、CK上昇、眩暈

記載場所

その他の副作用

頻度

5%未満

 6.痂皮、血腫、ヘモグロビン低下、プロトロンビン時間短縮、γ-GTP低下、Al-P低下、総コレステロール上昇、総コレステロール低下、尿蛋白、悪心、嘔気、多毛症、発熱、ほてり

記載場所

その他の副作用

頻度

0.1%未満

 7.切断の必要があるかもしれない重篤な壊死、肺塞栓症、深部静脈血栓症、ショック、深部静脈血栓、肺塞栓、脳血管障害、一過性脳虚血発作、視覚障害、片頭痛、奇異性塞栓症、胚胎仔死亡率増加、胎仔体重低下、血液学的検査異常

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

ポリドカスクレロール3%注2mLの相互作用

 1.薬剤名等 : 経口避妊薬服用中

発現事象

血栓形成

理由原因

血栓形成

投与条件

-

指示

禁止

 2.薬剤名等 : 抗凝固剤服用中

発現事象

血栓形成が抑制・阻害

理由原因

血栓形成が抑制・阻害

投与条件

-

指示

禁止

 3.薬剤名等 : 抗血小板剤服用中

発現事象

血栓形成が抑制・阻害

理由原因

血栓形成が抑制・阻害

投与条件

-

指示

禁止

 4.薬剤名等 : 麻酔剤

発現事象

心臓に対する作用<抗不整脈作用>を増強

理由原因

本剤は当初、麻酔剤として開発されたものであり、本剤の心拍数減少、心伝導系抑制作用により、相互に心機能抑制作用を増強

投与条件

-

指示

注意

ポリドカスクレロール3%注2mL

ポリドカスクレロール3%注2mL

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます