商品名

チクロピジン塩酸塩錠100mg「サワイ」 医薬品基本情報

薬効

3399 他に分類されない血液・体液用薬

一般名

チクロピジン塩酸塩100mg錠

英名

Ticlopidine hydrochloride

剤型

薬価

5.90成分一致薬品で比較

規格

100mg 1錠

メーカー

メディサ新薬

毒劇区分

チクロピジン塩酸塩錠100mg「サワイ」の効能効果

(血液体外循環、血管手術) の血栓・塞栓の治療、 (血液体外循環、血管手術) の血流障害の改善、慢性動脈閉塞症の (疼痛、冷感、阻血性諸症状、潰瘍) の改善、 (TIA、脳梗塞、一過性脳虚血発作、虚血性脳血管障害) の血栓・塞栓の治療、クモ膜下出血術後の脳血管攣縮に伴う血流障害の改善

チクロピジン塩酸塩錠100mg「サワイ」の使用制限等

 1.喀血、硝子体出血、血友病、出血、消化管潰瘍、尿路出血、毛細血管脆弱症、重篤な肝障害、白血球減少症、本剤成分又は含有成分で白血球減少症の既往歴、本剤成分又は含有成分で過敏症の既往歴

記載場所

使用上の注意

注意レベル

禁止

 2.肝障害

記載場所

使用上の注意

注意レベル

原則禁止

 3.月経期間中、出血傾向、出血傾向素因、肝障害の既往、白血球減少症の既往、高血圧、手術を予定、類薬で過敏症の既往歴、高血圧が持続する脳梗塞

記載場所

使用上の注意

注意レベル

慎重投与

チクロピジン塩酸塩錠100mg「サワイ」の副作用等

 1.血栓性血小板減少性紫斑病、TTP、血小板減少、破砕赤血球、溶血性貧血、動揺する精神・神経症状、発熱、腎機能障害、倦怠感、食欲不振、紫斑、出血症状、意識障害、精神・神経症状

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 2.発熱、咽頭痛、倦怠感、無顆粒球症

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 3.重篤な肝障害、劇症肝炎、胆汁うっ滞型肝障害、悪心、嘔吐、食欲不振、倦怠感、そう痒感、眼球黄染、皮膚黄染、褐色尿、著しいAST上昇、著しいGOT上昇、著しいALT上昇、著しいGPT上昇、著しいビリルビン上昇、著しい総コレステロール上昇、肝機能障害

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 4.再生不良性貧血、汎血球減少症、赤芽球癆、血小板減少症、脳出血、頭蓋内出血、頭痛、意識障害、片麻痺、消化管出血、重篤な出血、中毒性表皮壊死融解症、Toxic Epidermal Necrolysis、TEN、皮膚粘膜眼症候群、Stevens-Johnson症候群、多形滲出性紅斑、紅皮症、剥脱性皮膚炎、消化性潰瘍、急性腎障害、間質性肺炎、SLE様症状、発熱、関節痛、胸部痛、胸水貯留、抗核抗体陽性

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 5.白血球減少、貧血、好酸球増多、過敏症、発疹、そう痒感、蕁麻疹、発熱、発赤、紅斑、浮腫、AST上昇、GOT上昇、ALT上昇、GPT上昇、γ-GTP上昇、Al-P上昇、LDH上昇、ビリルビン上昇、総コレステロール上昇、クレアチニン上昇、BUN上昇、悪心、嘔吐、食欲不振、下痢、口内炎、腹痛、味覚障害、膵酵素上昇、頭痛、鼻出血、皮下出血、歯肉出血、眩暈、易疲労感、心悸亢進、全身倦怠感、血尿、眼底出血、結膜出血

記載場所

その他の副作用

頻度

頻度不明

 6.血栓性血小板減少性紫斑病、顆粒球減少、肝障害

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

 7.血栓性血小板減少性紫斑病、TTP、無顆粒球症、重篤な肝障害、死亡、母体に出血傾向

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

チクロピジン塩酸塩錠100mg「サワイ」の相互作用

 1.薬剤名等 : バルビツール酸誘導体

発現事象

作用を増強

理由原因

本剤がこれらの薬剤の肝臓での代謝を阻害して、血中濃度を上昇

投与条件

-

指示

注意

 2.薬剤名等 : テオフィリン

発現事象

作用を増強

理由原因

本剤がこれらの薬剤の肝臓での代謝を阻害して、血中濃度を上昇

投与条件

-

指示

注意

 3.薬剤名等 : チザニジン塩酸塩

発現事象

作用を増強

理由原因

本剤がこれらの薬剤の肝臓での代謝を阻害して、血中濃度を上昇

投与条件

-

指示

注意

 4.薬剤名等 : フェニトイン

発現事象

中毒症状<運動失調等>

理由原因

本剤がフェニトインの血中濃度を上昇

投与条件

-

指示

注意

 5.薬剤名等 : 抗凝固薬

発現事象

出血傾向が増強

理由原因

相互に作用を増強

投与条件

-

指示

注意

 6.薬剤名等 : 血小板凝集抑制作用を有する薬剤

発現事象

出血傾向が増強

理由原因

相互に作用を増強

投与条件

-

指示

注意

 7.薬剤名等 : 血栓溶解薬

発現事象

出血傾向が増強

理由原因

相互に作用を増強

投与条件

-

指示

注意

 8.薬剤名等 : シクロスポリン

発現事象

作用が減弱

理由原因

本剤がシクロスポリンの血中濃度を低下

投与条件

-

指示

注意

 9.薬剤名等 : 選択的セロトニン再取り込み阻害剤

発現事象

出血を助長

理由原因

SSRIの投与により血小板凝集が阻害

投与条件

-

指示

注意

チクロピジン塩酸塩錠100mg「サワイ」

チクロピジン塩酸塩錠100mg「サワイ」

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます