商品名

ミッドペリックL135腹膜透析液(2L 1袋(排液用バッグ付)) 医薬品基本情報

薬効

3420 腹膜透析用剤

一般名

腹膜透析液(5-2)

英名

Midpeliq L

剤型

注射液

薬価

1664.00成分一致薬品で比較

規格

2L 1袋(排液用バッグ付)

メーカー

テルモ

毒劇区分

ミッドペリックL135腹膜透析液(2L 1袋(排液用バッグ付))の効能効果

慢性腎不全の腹膜透析

ミッドペリックL135腹膜透析液(2L 1袋(排液用バッグ付))の使用制限等

 1.横隔膜欠損、腹部挫滅傷、腹部熱傷、高度腹膜癒着、尿毒症に起因する以外の出血性素因、乳酸代謝障害又はその恐れ・疑い

記載場所

使用上の注意

注意レベル

禁止

 2.腹腔内臓器疾患又はその恐れ・疑い、腹膜損傷又はその恐れ・疑い、腹膜癒着又はその恐れ・疑い、腹膜炎又はその恐れ・疑い、腹部手術直後、糖代謝障害又はその恐れ・疑い、ジギタリス治療中、食事摂取不良、腹部ヘルニア、腰椎障害、憩室炎、人工肛門使用、利尿剤投与中、高度換気障害、高度脂質代謝異常、高度肥満、高度低蛋白血症、抗生物質アレルギーを起こし易い体質、免疫不全、ステロイド服用

記載場所

使用上の注意

注意レベル

慎重投与

 3.2L貯留を行っている患者で透析不足による尿毒症症状、1日5回以上の透析交換に不都合

記載場所

用法・用量

注意レベル

注意

 4.ジギタリス治療中、血清カリウム値が正常、血清カリウム値が低値

記載場所

使用上の注意

注意レベル

注意

ミッドペリックL135腹膜透析液(2L 1袋(排液用バッグ付))の副作用等

 1.循環器障害、循環血液量減少、低血圧、ショック、高血糖

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 2.筋痙攣、悪心、嘔吐、腹痛、腹部膨満感、下痢、便秘、低カリウム血症、低カルシウム血症、低マグネシウム血症、高乳酸血症、代謝性アルカローシス、高コレステロール血症、高トリグリセリド血症、低HDLコレステロール血症、食思不振、牽引痛、浮腫、発熱、排液困難、除水機能低下、腹水漏出、著しい蛋白喪失、著しいアミノ酸喪失、著しい水溶性ビタミン喪失

記載場所

その他の副作用

頻度

頻度不明

 3.副甲状腺ホルモン上昇、Al-P上昇

記載場所

その他の副作用

頻度

5%未満

 4.呼吸困難、乳酸アシドーシス、細菌感染、水及び電解質異常

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

 5.被嚢性腹膜硬化症、EPS、イレウス症状、低栄養、るいそう、下痢、便秘、微熱、血性排液、局所性腹水貯留、びまん性腹水貯留、腸管蠕動音低下、腹部における塊状物触知、除水能低下、腹膜透過性亢進、末梢白血球数増加、CRP陽性、低アルブミン血症、エリスロポエチン抵抗性貧血、高エンドトキシン血症

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

ミッドペリックL135腹膜透析液(2L 1袋(排液用バッグ付))の相互作用

 1.薬剤名等 : ジギタリス治療中

発現事象

ジギタリス中毒

理由原因

ジギタリス中毒

投与条件

-

指示

慎重投与

 2.薬剤名等 : 利尿剤投与中

発現事象

水及び電解質異常

理由原因

-

投与条件

-

指示

慎重投与

 3.薬剤名等 : 活性型ビタミンD製剤

発現事象

血清カルシウム濃度が上昇

理由原因

-

投与条件

-

指示

注意

 4.薬剤名等 : 炭酸カルシウム製剤

発現事象

血清カルシウム濃度が上昇

理由原因

-

投与条件

-

指示

注意

ミッドペリックL135腹膜透析液(2L 1袋(排液用バッグ付))

ミッドペリックL135腹膜透析液(2L 1袋(排液用バッグ付))

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます