商品名

ポトレンド配合散 医薬品基本情報

薬効

3949 その他の痛風治療剤

一般名

クエン酸カリウム・クエン酸ナトリウム散

英名

Potorend

剤型

薬価

6.50成分一致薬品で比較

規格

1g

メーカー

東和薬品

毒劇区分

ポトレンド配合散の効能効果

(高尿酸血症、痛風) の酸性尿の改善、アシドーシスの改善

ポトレンド配合散の使用制限等

 1.ヘキサミン投与中

記載場所

使用上の注意

注意レベル

禁止

 2.腎機能障害、肝機能障害、肝疾患、尿路感染症

記載場所

使用上の注意

注意レベル

慎重投与

 3.腎機能障害、長期間投与

記載場所

使用上の注意

注意レベル

注意

ポトレンド配合散の副作用等

 1.高カリウム血症、徐脈、全身倦怠感、脱力感

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 2.AST上昇、GOT上昇、ALT上昇、GPT上昇、Al-P上昇、γ-GTP上昇、LDH上昇、血中クレアチニン上昇、BUN上昇、胃不快感、下痢、食欲不振、嘔気、悪心、嘔吐、胸やけ、口内炎、腹部膨満感、胃痛、舌炎、発疹、皮膚そう痒感、排尿障害、頻脈、残尿感、眠気、貧血、全身倦怠感

記載場所

その他の副作用

頻度

頻度不明

 3.高カリウム血症

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

ポトレンド配合散の相互作用

 1.薬剤名等 : ヘキサミン

発現事象

効果を減弱

理由原因

ヘキサミンは酸性尿下で効果を発現するので、尿pHの上昇により効果が減弱

投与条件

-

指示

禁止

 2.薬剤名等 : 水酸化アルミニウムゲル

発現事象

他のクエン酸製剤との併用でアルミニウムの吸収が促進

理由原因

クエン酸がアルミニウムとキレート化合物を形成し、アルミニウムの吸収を促進

投与条件

-

指示

注意

ポトレンド配合散

ポトレンド配合散

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます