商品名

アクラシノン注射用20mg 医薬品基本情報

薬効

4235 アントラサイクリン系抗生物質製剤

一般名

アクラルビシン塩酸塩注射用

英名

Aclacinon

剤型

注射用

薬価

2849.00成分一致薬品で比較

規格

20mg 1瓶

メーカー

日本マイクロバイオファーマ

毒劇区分

(劇)

アクラシノン注射用20mgの効能効果

(悪性リンパ腫、胃癌、急性白血病、乳癌、肺癌、卵巣癌) の自覚的ならびに他覚的症状の緩解及び改善

アクラシノン注射用20mgの使用制限等

 1.心機能異常又はその既往、本剤成分又は含有成分で重篤な過敏症の既往歴

記載場所

使用上の注意

注意レベル

禁止

 2.肝障害、腎障害、骨髄機能抑制、感染症、水痘症

記載場所

使用上の注意

注意レベル

慎重投与

 3.アントラサイクリン系薬剤投与後

記載場所

重大な副作用

注意レベル

注意

 4.アントラサイクリン系薬剤投与後

記載場所

使用上の注意

注意レベル

注意

アクラシノン注射用20mgの副作用等

 1.骨髄抑制、汎血球減少、貧血、白血球減少、血小板減少、出血

記載場所

重大な副作用

 2.心筋障害、心不全、ショック

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 3.食欲不振、悪心、嘔吐、口内炎、下痢、全身倦怠、発熱

記載場所

その他の副作用

 4.心電図異常、頻脈、不整脈、消化管出血、腹痛、胃部不快感、AST上昇、GOT上昇、ALT上昇、GPT上昇、Al-P上昇、蛋白尿、血尿、膀胱炎、排尿痛、尿意頻数、残尿感、過敏症、発疹、脱毛、皮膚色素沈着、頭痛、頭重感、膵炎、静脈炎、顔面紅潮

記載場所

その他の副作用

頻度

5%未満

 5.骨髄機能抑制、心筋障害

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

 6.心筋障害、致命的全身障害、心電図異常、感染症、感染症悪化、出血傾向、出血傾向悪化、胎仔毒性、吸収胚数増加、発育抑制、化骨遅延、腰肋の出現頻度上昇、血管痛、静脈炎、炎症

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

アクラシノン注射用20mgの相互作用

 1.薬剤名等 : アントラサイクリン系薬剤投与後

発現事象

-

理由原因

-

投与条件

-

指示

注意

 2.薬剤名等 : アントラサイクリン系薬剤投与後

発現事象

心電図異常

理由原因

-

投与条件

総投与量が600mg(力価)以上

指示

注意

 3.薬剤名等 : 投与前の心臓部あるいは縦隔への放射線照射

発現事象

心筋障害が増強

理由原因

-

投与条件

-

指示

注意

 4.薬剤名等 : 潜在的に心毒性を有する抗悪性腫瘍剤

発現事象

心筋障害が増強

理由原因

-

投与条件

-

指示

注意

 5.薬剤名等 : 抗悪性腫瘍剤

発現事象

骨髄機能抑制等の副作用が増強

理由原因

-

投与条件

-

指示

注意

 6.薬剤名等 : 放射線照射

発現事象

骨髄機能抑制等の副作用が増強

理由原因

-

投与条件

-

指示

注意

アクラシノン注射用20mgの配合変化

 1.薬剤名等 : pH7以上の注射剤

発現事象

濁り

理由原因

溶解時のpHが高い

投与条件

-

指示

禁止

アクラシノン注射用20mgの成分一致薬品

成分一致薬品は見つかりませんでした。

アクラシノン注射用20mg

アクラシノン注射用20mg

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます