商品名

アイクルシグ錠15mg 医薬品基本情報

薬効

4291 その他の抗悪性腫瘍用剤

一般名

ポナチニブ塩酸塩錠

英名

Iclusig

剤型

薬価

6428.40成分一致薬品で比較

規格

15mg 1錠

メーカー

大塚製薬

毒劇区分

(劇)

アイクルシグ錠15mgの効能効果

慢性骨髄性白血病、再発又は難治性のフィラデルフィア染色体陽性急性リンパ性白血病

アイクルシグ錠15mgの使用制限等

 1.本剤成分又は含有成分で過敏症の既往歴

記載場所

使用上の注意

注意レベル

禁止

 2.膵炎又はその既往、心疾患又はその既往、心筋梗塞の既往、虚血性疾患の既往、末梢動脈閉塞性疾患の既往、静脈血栓塞栓症の既往、深部静脈血栓症の既往、高血圧、糖尿病、脂質異常症、心血管系疾患の危険因子、B型肝炎の既往、B型肝炎ウイルスキャリア、HBs抗原陰性かつHBc抗体陽性、HBs抗原陰性かつHBs抗体陽性、肝機能障害

記載場所

使用上の注意

注意レベル

注意

アイクルシグ錠15mgの副作用等

 1.血管閉塞性事象、Grade3以上の心不全、好中球絶対数[ANC]<1.0×10の9乗/L、血小板数<50×10の9乗/L、肝トランスアミナーゼ値>3×基準値上限[ULN]<Grade2以上>、①肝TA値≧3×ULN②Bil値>2×ULN③Al-P値<2×ULN、無症候性のGrade3又は4のリパーゼ増加[>2×ULN]、無症候性のGrade3又は4のアミラーゼ増加[>2×ULN]、Grade3の膵炎、Grade4の膵炎、心不全<Grade2>、非血液系副作用<7日間を超えて持続するGrade2>、非血液系副作用<Grade3>、非血液系副作用<Grade4>

記載場所

用法・用量

頻度

頻度不明

 2.血小板数減少、好中球数減少、貧血、白血球数減少、骨髄抑制、高血圧、ALT上昇、AST上昇、ビリルビン上昇、γ-GTP上昇、肝機能障害、膵炎、末梢性浮腫、体液貯留、感染症

記載場所

重大な副作用

 3.腎動脈狭窄、高血圧クリーゼ、肝不全、急激な体重増加、呼吸困難、硬膜下血腫

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 4.心筋梗塞、狭心症、急性冠症候群、心筋虚血、不安定狭心症、冠動脈疾患

記載場所

重大な副作用

頻度

5%未満

 5.脳梗塞、脳血管発作、脳動脈狭窄、一過性脳虚血発作、大脳動脈狭窄、脳虚血、脳幹梗塞、脳血管障害、間欠性跛行、末梢動脈狭窄、四肢壊死、網膜動脈閉塞症、末梢動脈閉塞性疾患、疼痛、冷感、しびれ、網膜静脈血栓症、深部静脈血栓症、肺塞栓症、静脈塞栓症、静脈血栓塞栓症、発熱性好中球減少症、汎血球減少症、リンパ球数減少、骨髄機能不全、黄疸、胸水、心嚢液貯留、肺うっ血、肺水腫、肺炎、敗血症、剥脱性皮膚炎、多形紅斑、重度皮膚障害、鼻出血、胃腸出血、咽頭出血、出血性胃炎、性器出血、出血、心不全、うっ血性心不全、心房細動、徐脈、QT間隔延長、頻脈、心室性不整脈、心停止、房室ブロック、不整脈、腫瘍崩壊症候群、末梢性ニューロパチー、末梢性感覚ニューロパチー、多発ニューロパチー、末梢性運動ニューロパチー、末梢性感覚運動ニューロパチー、ニューロパチー、肺高血圧症

記載場所

重大な副作用

頻度

5%未満

 6.赤血球増加症、白血球増加症、好塩基球増加症、好酸球増加症、リンパ節症、慢性骨髄単球性白血病、活性化部分トロンボプラスチン時間延長、頭痛、うつ病、抑うつ気分、運動失調、感覚鈍麻、顔面不全麻痺、筋緊張低下、傾眠、激越、健忘、坐骨神経痛、錯感覚、錯乱状態、失見当識、失神、灼熱感、振戦、神経根痛、神経痛、睡眠障害、知覚過敏、注意力障害、脳神経麻痺、脳震盪、反射消失、不安、不器用、不眠症、浮動性めまい、平衡障害、片頭痛、味覚異常、嗜眠、異常な夢、黄斑浮腫、黄斑変性、角膜びらん、眼そう痒症、眼異常感、眼異物感、眼圧上昇、眼乾燥、眼刺激、眼脂、眼充血、眼痛、眼部腫脹、眼瞼炎、眼瞼浮腫、眼瞼痙攣、眼窩周囲浮腫、結膜炎、結膜充血、結膜出血、視力障害、視力低下、硝子体浮遊物、潰瘍性角膜炎、角膜障害、虹彩毛様体炎、白内障、複視、霧視、網膜出血、流涙増加、緑内障、回転性めまい、耳鳴、耳痛、左室肥大、駆出率減少、上室性期外収縮、心不快感、僧帽弁閉鎖不全症、動悸、ほてり、レイノー現象、起立性低血圧、低血圧、血管炎、血管障害、大動脈狭窄、動脈炎、血腫、脾臓梗塞、内出血、末梢血管障害、末梢循環不良、末梢性虚血、末梢冷感、冷感、耳出血、呼吸困難、肺浸潤、無気肺、咽喉乾燥、咽喉絞扼感、咽頭潰瘍、口腔咽頭痛、咳嗽、発声障害、鼻部不快感、鼻閉、鼻漏、副鼻腔うっ血、副鼻腔分泌過多、しゃっくり、腹痛、便秘、悪心、胃炎、胃食道逆流性疾患、胃腸炎、食道痙攣、げっぷ、大腸炎、腹部膨満、腹水、嘔吐、下痢、血便、口の感覚鈍麻、口腔内出血、口腔内痛、口腔内潰瘍、口腔粘膜水疱、口唇痛、口内炎、口内乾燥、舌血腫、歯痛、歯肉出血、痔出血、消化管運動障害、消化器痛、消化不良、心窩部不快感、腹部不快感、麻痺性イレウス、嚥下障害、嚥下痛、肛門周囲痛、ALP上昇、肝臓痛、胆道仙痛、腎不全、多尿、尿失禁、頻尿、夜間頻尿、排尿困難、尿閉、尿検査異常、クレアチニン上昇、腎機能障害、発疹、皮膚乾燥、ざ瘡、ざ瘡様皮膚炎、皮膚そう痒症、アレルギー性皮膚炎、紅斑、紫斑、斑状出血、点状出血、皮膚出血、メラノサイト性母斑、皮膚過角化、乾癬、乾癬様皮膚炎、汗腺障害、間擦疹、間質性肉芽腫性皮膚炎、顔面腫脹、基底細胞癌、魚鱗癬、光線過敏性反応、脂漏性角化症、脂漏性皮膚炎、皮膚色素沈着障害、寝汗、多汗症、苔癬様角化症、脱毛症、爪ジストロフィー、爪障害、爪変色、日光性角化症、剥脱性皮疹、皮膚炎、皮膚局面、皮膚刺激、皮膚腫脹、皮膚腫瘤、皮膚障害、皮膚色素過剰、皮膚色素脱失、皮膚潰瘍、皮膚乳頭腫、皮膚剥脱、皮膚肥厚、皮膚病変、皮膚変色、皮膚疼痛、毛孔性角化症、毛質異常、粃糠疹、丘疹、筋肉痛、関節痛、横紋筋融解症、関節炎、関節可動域低下、関節硬直、関節腫脹、筋骨格系胸痛、筋骨格硬直、筋骨格痛、筋力低下、握力低下、筋痙縮、頸部痛、背部痛、骨痛、骨溶解、四肢痛、脂肪腫、上肢腫瘤、線維筋痛、側腹部痛、軟骨石灰化症、腱炎、腱障害、鼡径部痛、重感、月経過多、月経困難症、頻発月経、無月経、骨盤痛、女性化乳房、精巣腫脹、精巣痛、乳頭痛、乳房炎症、乳房痛、不正子宮出血、膣出血、勃起不全、甲状腺機能亢進症、甲状腺機能低下症、甲状腺炎、甲状腺腫、血中甲状腺刺激ホルモン増加、リパーゼ増加、1型糖尿病、糖尿病、高血糖、アミラーゼ上昇、インスリン必要量増加、LDH上昇、コレステロール上昇、高脂血症、尿酸上昇、高尿酸血症、痛風、高カリウム血症、低カリウム血症、高カルシウム血症、低カルシウム血症、高トリグリセリド血症、高ナトリウム血症、低ナトリウム血症、高マグネシウム血症、低マグネシウム血症、低血糖症、食欲減退、過小食、多飲症、脱水、低アルブミン血症、低リン酸血症、リン上昇、BNP増加、疲労、発熱、CRP上昇、インフルエンザ様疾患、ヘルニア、悪寒、異常感、医療機器関連血栓症、炎症、温度変化不耐症、過敏症、顔面浮腫、胸痛、胸部不快感、CK上昇、CK低下、倦怠感、挫傷、腫瘤、小結節、全身健康状態低下、全身性炎症反応症候群、体重増加、体重減少、転倒、捻挫、粘膜乾燥、浮腫、無力症、疼痛、膵周囲液貯留

記載場所

その他の副作用

 7.尿細管間質性腎炎、蛋白尿、皮脂欠乏症、尿素上昇

記載場所

その他の副作用

頻度

頻度不明

 8.重篤な肝機能障害、肝不全、死亡

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

 9.肝機能障害

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

10.心不全

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

11.血圧上昇

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

12.膵炎

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

13.骨髄抑制

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

14.体液貯留

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

15.腫瘍崩壊症候群

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

16.眼乾燥、霧視、眼痛、結膜出血、眼障害、網膜動脈閉塞、失明

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

17.B型肝炎ウイルス再活性化

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

18.心筋梗塞、脳梗塞、網膜動脈閉塞症、末梢動脈閉塞性疾患、静脈血栓塞栓症、重篤な血管閉塞性事象、死亡、胸痛、腹痛、四肢痛、片麻痺、視力低下、息切れ、しびれ、血管閉塞性事象、投与中止の原因となった副作用と同様の副作用、子宮内膜萎縮、卵胞への影響、精巣への影響、生殖細胞変性、催奇形性、卵巣性索間質性過形成、混合型性索間質性良性腫瘍、陰核腺扁平上皮癌、眼に対する光毒性

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

アイクルシグ錠15mgの相互作用

 1.薬剤名等 : 抗悪性腫瘍薬

発現事象

-

理由原因

-

投与条件

-

指示

注意

 2.薬剤名等 : CYP3A阻害剤

発現事象

本剤の血中濃度が上昇

理由原因

これらの薬剤等がCYP3Aの代謝活性を阻害

投与条件

-

指示

注意

 3.薬剤名等 : グレープフルーツジュース

発現事象

本剤の血中濃度が上昇

理由原因

これらの薬剤等がCYP3Aの代謝活性を阻害

投与条件

-

指示

注意

 4.薬剤名等 : CYP3A誘導剤

発現事象

本剤の血中濃度が低下し効果が減弱

理由原因

これらの薬剤等がCYP3Aの代謝活性を誘導

投与条件

-

指示

注意

 5.薬剤名等 : セイヨウオトギリソウ含有食品

発現事象

本剤の血中濃度が低下し効果が減弱

理由原因

これらの薬剤等がCYP3Aの代謝活性を誘導

投与条件

-

指示

注意

アイクルシグ錠15mgの成分一致薬品

成分一致薬品は見つかりませんでした。

アイクルシグ錠15mg

アイクルシグ錠15mg

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます