商品名

FDGスキャン注 医薬品基本情報

薬効

4300 放射性医薬品

一般名

フルデオキシグルコース(18F)注射液

英名

FDG scan

剤型

注射液

薬価

0.00成分一致薬品で比較

規格

10MBq

メーカー

日本メジフィジックス

毒劇区分

FDGスキャン注の効能効果

悪性腫瘍の診断、 (乳癌、肺癌) の診断、 (頭頚部癌、大腸癌) の診断、脳腫瘍の診断、膵癌の診断、 (悪性黒色腫、悪性リンパ腫) の診断、原発不明癌の診断、虚血性心疾患の診断、難治性部分てんかんの脳グルコース代謝異常領域の診断、大型血管炎の診断の炎症部位の可視化

FDGスキャン注の使用制限等

 1.血糖値200mg/dL以上

記載場所

使用上の注意

注意レベル

希望禁止

FDGスキャン注の副作用等

 1.発疹、紅斑、発赤

記載場所

その他の副作用

頻度

頻度不明

 2.好中球百分率増加、リンパ球百分率減少、尿蛋白陽性、尿潜血陽性、尿糖陽性、血中尿素窒素増加、血中ビリルビン増加、皮膚そう痒感、蕁麻疹、嘔気、嘔吐、血圧上昇、血圧低下、気分不良、発熱、血中カリウム増加、血中カリウム減少、血中アルブミン減少

記載場所

その他の副作用

頻度

5%未満

 3.頭痛、悪寒、発疹、そう痒感、胸やけ、血管迷走神経反応、顔面蒼白、悪心、息切れ、アレルギー反応、蕁麻疹

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

FDGスキャン注の相互作用

 1.薬剤名等 : 膵臓ホルモン

発現事象

-

理由原因

本剤の腫瘍への集積とバックグラウンドとのコントラストが低下

投与条件

-

指示

注意

FDGスキャン注

FDGスキャン注

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます