商品名

クラリチンレディタブ錠10mg 医薬品基本情報

薬効

4490 その他のアレルギー用薬

一般名

ロラタジン口腔内崩壊錠

英名

Claritin reditabs

剤型

薬価

70.50成分一致薬品で比較

規格

10mg 1錠

メーカー

バイエル薬品

毒劇区分

クラリチンレディタブ錠10mgの効能効果

アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、 (湿疹・皮膚炎、皮膚そう痒症、皮膚疾患) のそう痒

クラリチンレディタブ錠10mgの使用制限等

 1.本剤成分又は含有成分で過敏症の既往歴

記載場所

使用上の注意

注意レベル

禁止

 2.てんかんの既往、腎機能障害、肝機能障害

記載場所

使用上の注意

注意レベル

注意

クラリチンレディタブ錠10mgの副作用等

 1.ショック、アナフィラキシー、チアノーゼ、呼吸困難、血圧低下、血管浮腫、てんかん、痙攣、著しいAST上昇、著しいALT上昇、著しいγ-GTP上昇、著しいAl-P上昇、著しいLDH上昇、著しいビリルビン上昇、肝機能障害、黄疸

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 2.胃炎、過敏症、発赤、紅斑、そう痒、脱毛、尿閉、不正子宮出血、胸痛、難聴、浮腫、顔面浮腫、四肢浮腫

記載場所

その他の副作用

頻度

頻度不明

 3.眠気、倦怠感、めまい、頭痛、鼻乾燥感、咽頭痛、腹痛、口渇、嘔気、嘔吐、下痢、便秘、口内炎、発疹、ALT上昇、AST上昇、ビリルビン値上昇、γ-GTP上昇、Al-P上昇、BUN上昇、タンパク尿、動悸、好酸球増多、白血球減少、好中球減少、単球増多、リンパ球減少、白血球増多、リンパ球増多、ヘマトクリット減少、ヘモグロビン減少、好塩基球増多、血小板減少、好中球増多、尿糖、眼球乾燥、耳鳴、ほてり

記載場所

その他の副作用

頻度

5%未満

 4.口唇乾燥、じん麻疹、頻脈、味覚障害、月経不順、胸部不快感

記載場所

その他の副作用

頻度

0.1%未満

 5.てんかん発作、眠気、頻脈、頭痛

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

クラリチンレディタブ錠10mgの相互作用

 1.薬剤名等 : エリスロマイシン

発現事象

ロラタジン及びDCLの血漿中濃度の上昇

理由原因

薬物代謝酵素(CYP3A4、CYP2D6)阻害作用を有する医薬品との併用により、ロラタジンからDCLへの代謝が阻害

投与条件

-

指示

注意

 2.薬剤名等 : シメチジン

発現事象

ロラタジン及びDCLの血漿中濃度の上昇

理由原因

薬物代謝酵素(CYP3A4、CYP2D6)阻害作用を有する医薬品との併用により、ロラタジンからDCLへの代謝が阻害

投与条件

-

指示

注意

クラリチンレディタブ錠10mg

クラリチンレディタブ錠10mg

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます