商品名

クリンダマイシンリン酸エステル注600mg「F」 医薬品基本情報

薬効

6112 リンコマイシン系抗生物質製剤

一般名

クリンダマイシンリン酸エステル600mg注射液

英名

Clindamycin phosphate

剤型

注射液

薬価

218.00成分一致薬品で比較

規格

600mg 1管

メーカー

富士製薬

毒劇区分

クリンダマイシンリン酸エステル注600mg「F」の効能効果

咽頭炎、急性気管支炎、喉頭炎、肺炎、敗血症、扁桃炎、慢性呼吸器病変の二次感染、顎炎、顎骨周辺の蜂巣炎、中耳炎、副鼻腔炎

クリンダマイシンリン酸エステル注600mg「F」の使用制限等

 1.類薬で過敏症の既往歴、本剤成分又は含有成分で過敏症の既往歴

記載場所

使用上の注意

注意レベル

禁止

 2.軽微な感染症

記載場所

使用上の注意

注意レベル

希望禁止

 3.大腸炎の既往、肝障害、腎障害、アトピー性体質、重症筋無力症

記載場所

使用上の注意

注意レベル

慎重投与

クリンダマイシンリン酸エステル注600mg「F」の副作用等

 1.汎血球減少、無顆粒球症、血小板減少

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 2.ショック、呼吸困難、全身潮紅、血管浮腫、蕁麻疹、アナフィラキシー、偽膜性大腸炎、血便、重篤な大腸炎、腹痛、頻回の下痢、中毒性表皮壊死融解症、Toxic Epidermal Necrolysis、TEN、皮膚粘膜眼症候群、Stevens-Johnson症候群、急性汎発性発疹性膿疱症、剥脱性皮膚炎、薬剤性過敏症症候群、発疹、発熱、肝機能障害、リンパ節腫脹、白血球増加、好酸球増多、異型リンパ球出現、遅発性の重篤な過敏症状、咳嗽、胸部X線異常、間質性肺炎、PIE症候群、心停止、AST上昇、GOT上昇、ALT上昇、GPT上昇、Al-P上昇、黄疸、急性腎障害

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 3.好酸球増多、白血球減少、顆粒球減少

記載場所

その他の副作用

頻度

頻度不明

 4.BUN上昇、クレアチニン上昇、窒素血症、乏尿、蛋白尿

記載場所

その他の副作用

頻度

頻度不明

 5.下痢、悪心、嘔吐、食欲不振、腹痛、舌炎、過敏症、発疹、そう痒、紅斑、浮腫、耳鳴、眩暈、菌交代症、口内炎、カンジダ症、疼痛、硬結、血栓性静脈炎、壊死、無菌膿瘍、苦味、顔面ほてり、発熱、頭痛、倦怠感、膣炎、小水疱性皮膚炎、多発性関節炎

記載場所

その他の副作用

頻度

頻度不明

 6.偽膜性大腸炎、重篤な大腸炎、重症の即時型アレルギー反応、発熱、腹痛、白血球増多、粘液便、血液便、激症下痢、電解質失調、低蛋白血症、中毒症状、あえぎ呼吸、アシドーシス、痙攣

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

クリンダマイシンリン酸エステル注600mg「F」の相互作用

 1.薬剤名等 : エリスロマイシン

発現事象

本剤の効果が現れない

理由原因

細菌のリボゾーム50S Subunitへの親和性が本剤より高い

投与条件

-

指示

禁止

 2.薬剤名等 : 末梢性筋弛緩剤

発現事象

筋弛緩作用が増強

理由原因

本剤は神経筋遮断作用を有する

投与条件

-

指示

注意

クリンダマイシンリン酸エステル注600mg「F」

クリンダマイシンリン酸エステル注600mg「F」

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます