商品名

ランプレンカプセル50mg 医薬品基本情報

薬効

6239 その他の抗ハンセン病剤

一般名

クロファジミンカプセル

英名

Lampren

剤型

カプセル

薬価

221.70成分一致薬品で比較

規格

50mg 1カプセル

メーカー

サンド

毒劇区分

ランプレンカプセル50mgの効能効果

ハンセン病

ランプレンカプセル50mgの使用制限等

 1.本剤成分又は含有成分で過敏症の既往歴

記載場所

使用上の注意

注意レベル

禁止

 2.胃腸障害、頻回の下痢、頻回の腹痛

記載場所

使用上の注意

注意レベル

慎重投与

ランプレンカプセル50mgの副作用等

 1.腸閉塞、脾臓梗塞、血栓塞栓症

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 2.皮膚着色、皮膚病変、皮膚が暗赤色~黒褐色に着色、皮膚色素沈着障害、毛髪着色、皮膚乾燥、光線過敏症、魚鱗癬、ざ瘡様発疹、紅皮症、発疹、皮膚そう痒、剥脱性皮膚炎、胃腸出血、好酸球性腸炎、悪心、嘔吐、腹痛、下痢、便秘、食欲不振、胃不快感、結膜着色、角膜着色、涙液着色、黄斑部色素沈着、角膜上皮下色素沈着、眼乾燥感、眼刺激感、眼灼熱感、視力低下、眩暈、頭痛、嗜眠、神経痛、皮膚着色による抑うつ症状、肝炎、黄疸、肝腫大、AST上昇、GOT上昇、ビリルビン上昇、貧血、好酸球増多、汗着色、痰着色、尿着色、便着色、鼻汁着色、精液着色、母乳着色、リンパ節症、膀胱炎、骨痛、浮腫、疲労、発熱、血管痛、レイノー様現象、体重減少、味覚障害、モニリア口唇炎、低カリウム血症、血糖値上昇、血沈亢進、血清アルブミン増加

記載場所

その他の副作用

頻度

頻度不明

 3.腸疾患、腸閉塞、脾臓梗塞、胃腸症状、下痢、腹痛、着床数減少、胎仔体重減少、新生仔死亡率増加、胎仔死亡数増加、胎仔頭骨の化骨遅延増加、皮膚着色、母乳着色

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

ランプレンカプセル50mgの相互作用

 1.薬剤名等 : イソニアジド

発現事象

血漿中及び尿中濃度は上昇

理由原因

-

投与条件

高用量(300mg/日)の本剤

指示

注意

ランプレンカプセル50mgの成分一致薬品

成分一致薬品は見つかりませんでした。

ランプレンカプセル50mg

ランプレンカプセル50mg

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます