商品名

レトロビルカプセル100mg 医薬品基本情報

薬効

6250 抗ウイルス剤

一般名

ジドブジンカプセル

英名

Retrovir

剤型

カプセル

薬価

266.30成分一致薬品で比較

規格

100mg 1カプセル

メーカー

ヴィーブヘルスケア

毒劇区分

(劇)

レトロビルカプセル100mgの効能効果

HIV感染症

レトロビルカプセル100mgの使用制限等

 1.Hb値7.5g/dL未満<HIV感染起因でHIV薬治療経験無しを除く>、好中球数750/mm3未満<HIV感染起因でHIV薬治療経験無しを除く>、本剤成分又は含有成分で過敏症の既往歴、イブプロフェン投与中

記載場所

使用上の注意

注意レベル

禁止

 2.他の抗HIV薬で治療経験無くHIV感染でヘモグロビン値7.5g/dL未満、他の抗HIV薬で治療経験無くHIV感染で好中球数750/mm3未満、本剤で治療経験無くHIV感染で好中球数750/mm3未満、本剤で治療経験無くHIV感染でヘモグロビン値7.5g/dL未満

記載場所

効能・効果

注意レベル

相対禁止

 3.血液透析で病状を維持している重度腎疾患、腹膜透析で病状を維持している重度腎疾患

記載場所

用法・用量

注意レベル

注意

 4.HIVによる神経機能障害、投与前CD4リンパ球数500/mm3以上

記載場所

効能・効果

注意レベル

注意

 5.肝疾患の危険因子を有する

記載場所

重大な副作用

注意レベル

注意

 6.ヘモグロビン値7.5g/dL未満<HIV感染起因でHIV薬治療経験無し>、好中球数750/mm3未満<HIV感染起因でHIV薬治療経験無し>、ヘモグロビン値7.5g/dL以上9.5g/dL未満、好中球数750/mm3以上1000/mm3未満、ビタミンB12欠乏、血液透析で病状を維持している重度腎疾患、腹膜透析で病状を維持している重度腎疾患、腎機能障害<血液透析又は腹膜透析で病状を維持している重度腎疾患を除く>、肝機能障害、AIDS、成人AIDS

記載場所

使用上の注意

注意レベル

注意

レトロビルカプセル100mgの副作用等

 1.著しい好中球減少<750/mm3未満又は投与前値からの50%以上の減少>、著しい貧血<Hb値7.5g/dL未満又は投与前値からの25%以上の減少>、貧血<Hb値が7.5~9.5g/dL>、好中球減少<750~1000/mm3>、著しい貧血、重篤な副作用

記載場所

用法・用量

頻度

頻度不明

 2.貧血、白血球減少、好中球減少、血小板減少

記載場所

重大な副作用

 3.重篤な血液障害、再生不良性貧血、赤芽球癆、汎血球減少、うっ血性心不全、脂肪沈着による重度肝腫大、脂肪肝、乳酸アシドーシス、肝毒性が疑われる臨床症状、肝毒性が疑われる検査値異常、重篤な乳酸アシドーシス、全身倦怠、食欲不振、急な体重減少、胃腸障害、呼吸困難、頻呼吸、肝毒性、てんかん様発作、膵炎

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 4.食欲不振、腹痛、嘔気、頭痛

記載場所

その他の副作用

 5.リンパ節腫脹、消化不良、嚥下困難、口唇浮腫、舌浮腫、曖気、歯肉出血、直腸出血、口内潰瘍、胃炎、無力症、悪寒、感冒症状、背痛、胸痛、疲労感、体脂肪再分布、体脂肪蓄積、胸部脂肪増加、体幹部脂肪増加、末梢部脂肪減少、顔面脂肪減少、野牛肩、血清脂質増加、血糖増加、全身痛、インフルエンザ様疾患、無尿、多尿、筋肉痛、ミオパシー、関節痛、不眠症、手足のしびれ感、不安感、錯感覚、錯乱、筋痙攣、振戦、攣縮、痛覚過敏、うつ状態、情緒不安、神経過敏症、失神、健忘症、見当識障害、嗄声、ストレス反応、空間の広がり感、血管拡張、心筋症、呼吸困難、咳、鼻出血、咽頭炎、鼻炎、副鼻腔炎、過敏症、ざ瘡、発汗、体臭変化、爪色素沈着、皮膚色素沈着、口腔粘膜色素沈着、味覚倒錯、弱視、難聴、霧視、女性化乳房、高乳酸塩血症

記載場所

その他の副作用

頻度

頻度不明

 6.下痢、嘔吐、便秘、鼓腸、発熱、倦怠感、肝機能検査値異常、AST上昇、ALT上昇、頻尿、排尿障害、腎不全、眩暈、傾眠、発疹、そう痒感、じん麻疹、羞明

記載場所

その他の副作用

頻度

5%未満

 7.骨髄抑制

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

 8.重篤な血液障害、うっ血性心不全、乳酸アシドーシス、脂肪沈着による重度肝腫大、脂肪肝、てんかん様発作、膵炎

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

 9.脂肪組織萎縮症

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

10.貧血

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

11.免疫再構築症候群、日和見感染に対する炎症反応、自己免疫疾患、甲状腺機能亢進症、多発性筋炎、ギラン・バレー症候群、ブドウ膜炎、貧血、胎仔吸収率増加、胎仔平均体重減少、胎仔ミトコンドリア障害、胎仔心筋ミトコンドリアミオパシー、胎仔骨格筋ミトコンドリアミオパシー、一過性血清乳酸値上昇、発育遅延、てんかん様発作、神経疾患、膣腫瘍、膣扁平上皮癌、出生仔肺腫瘍、出生仔肝腫瘍、出生仔雌性生殖器腫瘍、出生仔膣扁平上皮癌、変異原性、細胞形質転換試験陽性、染色体異常

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

レトロビルカプセル100mgの相互作用

 1.薬剤名等 : イブプロフェン

発現事象

出血傾向が増強

理由原因

-

投与条件

-

指示

禁止

 2.薬剤名等 : サニルブジン

発現事象

細胞内におけるサニルブジン三リン酸化体が減少しサニルブジンの効果が減弱

理由原因

本剤が細胞内におけるサニルブジンのリン酸化を抑制

投与条件

-

指示

希望禁止

 3.薬剤名等 : リバビリン

発現事象

本剤の効果が減弱

理由原因

本剤の細胞内におけるリン酸化が競合的に阻害

投与条件

-

指示

希望禁止

 4.薬剤名等 : ペンタミジンイセチオン酸塩

発現事象

本剤の毒性作用が増強

理由原因

ともに腎毒性又は骨髄毒性を有する

投与条件

-

指示

注意

 5.薬剤名等 : ピリメタミン

発現事象

本剤の毒性作用が増強

理由原因

ともに腎毒性又は骨髄毒性を有する

投与条件

-

指示

注意

 6.薬剤名等 : スルファメトキサゾール・トリメトプリム

発現事象

本剤の毒性作用が増強

理由原因

ともに腎毒性又は骨髄毒性を有する

投与条件

-

指示

注意

 7.薬剤名等 : フルシトシン

発現事象

本剤の毒性作用が増強

理由原因

ともに腎毒性又は骨髄毒性を有する

投与条件

-

指示

注意

 8.薬剤名等 : ガンシクロビル

発現事象

本剤の毒性作用が増強

理由原因

ともに腎毒性又は骨髄毒性を有する

投与条件

-

指示

注意

 9.薬剤名等 : インターフェロン

発現事象

本剤の毒性作用が増強

理由原因

ともに腎毒性又は骨髄毒性を有する

投与条件

-

指示

注意

10.薬剤名等 : ビンクリスチン硫酸塩

発現事象

本剤の毒性作用が増強

理由原因

ともに腎毒性又は骨髄毒性を有する

投与条件

-

指示

注意

11.薬剤名等 : ビンブラスチン硫酸塩

発現事象

本剤の毒性作用が増強

理由原因

ともに腎毒性又は骨髄毒性を有する

投与条件

-

指示

注意

12.薬剤名等 : ドキソルビシン塩酸塩

発現事象

本剤の毒性作用が増強

理由原因

ともに腎毒性又は骨髄毒性を有する

投与条件

-

指示

注意

13.薬剤名等 : プロベネシド

発現事象

本剤の全身クリアランスが約1/3に減少し半減期が約1.5倍延長

理由原因

本剤のグルクロン酸抱合が競合的に阻害、本剤のグルクロン酸抱合体の腎排泄が抑制

投与条件

-

指示

注意

14.薬剤名等 : フルコナゾール

発現事象

本剤の最高血中濃度が84%上昇

理由原因

本剤のグルクロン酸抱合が競合的に阻害

投与条件

-

指示

注意

15.薬剤名等 : ホスフルコナゾール

発現事象

本剤の最高血中濃度が84%上昇

理由原因

本剤のグルクロン酸抱合が競合的に阻害

投与条件

-

指示

注意

16.薬剤名等 : リトナビル

発現事象

本剤の最高血中濃度が27%減少しAUCが25%減少

理由原因

本剤のグルクロン酸抱合が促進

投与条件

-

指示

注意

17.薬剤名等 : リファンピシン

発現事象

本剤の全身クリアランスが約2.5倍増加しAUCが約1/2減少

理由原因

-

投与条件

-

指示

注意

18.薬剤名等 : フェニトイン

発現事象

血中フェニトイン濃度が上昇、血中フェニトイン濃度が約1/2に減少

理由原因

-

投与条件

-

指示

注意

19.薬剤名等 : アトバコン

発現事象

本剤のAUCが33%上昇、本剤のグルクロン酸抱合体の最高血中濃度が19%低下

理由原因

本剤のグルクロン酸抱合が阻害

投与条件

-

指示

注意

レトロビルカプセル100mgの成分一致薬品

成分一致薬品は見つかりませんでした。

レトロビルカプセル100mg

レトロビルカプセル100mg

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます