商品名

マラロン小児用配合錠 医薬品基本情報

薬効

6419 その他の抗原虫剤

一般名

アトバコン・プログアニル塩酸塩(2)錠

英名

Malarone

剤型

薬価

246.80成分一致薬品で比較

規格

1錠

メーカー

GSK

毒劇区分

(劇)

マラロン小児用配合錠の効能効果

マラリア

マラロン小児用配合錠の使用制限等

 1.本剤成分又は含有成分で過敏症の既往歴、重度腎障害

記載場所

使用上の注意

注意レベル

禁止

 2.重度腎障害

記載場所

使用上の注意

注意レベル

相対禁止

 3.嘔吐、下痢

記載場所

用法・用量

注意レベル

注意

 4.意識障害、臓器不全、嘔吐、下痢

記載場所

効能・効果

注意レベル

注意

 5.腎障害<重度腎障害を除く>

記載場所

使用上の注意

注意レベル

注意

マラロン小児用配合錠の副作用等

 1.皮膚粘膜眼症候群、Stevens-Johnson症候群、多形紅斑、重度肝機能障害、肝炎、胆汁うっ滞、アナフィラキシー、汎血球減少症、無顆粒球症、白血球減少

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 2.貧血、過敏症、血管性浮腫、血管炎、幻覚、頭痛、不眠症、浮動性めまい、腹痛、悪心、嘔吐、下痢、口内炎、胃障害、口腔内潰瘍、発疹、脱毛、蕁麻疹、低ナトリウム血症、食欲不振、アミラーゼ上昇、肝酵素上昇、発熱、咳嗽

記載場所

その他の副作用

頻度

頻度不明

 3.重度肝機能障害、肝炎、胆汁うっ滞

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

 4.母動物毒性、母動物体重低値、母動物摂餌量低値、流産、胎仔体長低値、胎仔体重低値、全身曝露量増加、メトヘモグロビン血症、発疹、可逆性の脱毛、手掌皮膚鱗屑、足底部皮膚鱗屑、可逆性のアフタ性潰瘍、血液学的副作用、心臓<右心房>線維性血管組織増殖、間質性肺炎増悪、肝臓腫瘍増加、遺伝子突然変異試験陽性、小核試験陽性

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

マラロン小児用配合錠の相互作用

 1.薬剤名等 : クマリン系抗凝固剤

発現事象

抗凝固作用を増強

理由原因

プログアニル

投与条件

-

指示

注意

 2.薬剤名等 : リファンピシン

発現事象

アトバコンの血漿中濃度が約53%低下しt1/2は約33時間短縮

理由原因

-

投与条件

-

指示

注意

 3.薬剤名等 : リファブチン

発現事象

アトバコンの血漿中濃度が約34%低下しt1/2は約14時間短縮

理由原因

-

投与条件

-

指示

注意

 4.薬剤名等 : テトラサイクリン塩酸塩

発現事象

アトバコンの血漿中濃度は約40%低下

理由原因

-

投与条件

-

指示

注意

 5.薬剤名等 : メトクロプラミド

発現事象

アトバコンの血漿中濃度は約58%低下

理由原因

-

投与条件

-

指示

注意

 6.薬剤名等 : ジドブジン

発現事象

みかけの経口クリアランスは約25%低下しAUCは約33%増加

理由原因

アトバコン

投与条件

-

指示

注意

 7.薬剤名等 : インジナビル

発現事象

Cmin・ssが有意に減少<約23%減少>、トラフ濃度が減少

理由原因

アトバコン

投与条件

-

指示

注意

マラロン小児用配合錠の成分一致薬品

マラロン小児用配合錠

マラロン小児用配合錠

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます