商品名

リピオドール480注10mL 医薬品基本情報

薬効

7211 ヨウ素化合物製剤

一般名

ヨード化ケシ油脂肪酸エチルエステル注射液

英名

Lipiodol

剤型

注射液

薬価

11132.00成分一致薬品で比較

規格

10mL 1管

メーカー

ゲルベ・ジャパン

毒劇区分

リピオドール480注10mLの効能効果

リンパ系撮影、子宮卵管撮影、 (医薬品、医療機器) の調製

リピオドール480注10mLの使用制限等

 1.本剤成分又は含有成分で過敏症の既往歴、ヨウ素に対し過敏症の既往、重篤な甲状腺疾患

記載場所

使用上の注意

注意レベル

禁止

 2.一般状態の極度に悪い、重篤な心障害、重篤な肝障害、重篤な腎障害、無尿、呼吸機能の著しく低下、リンパ管閉塞、リンパ系炎症、急性耳下腺炎、総ビリルビン値が3mg/dL以上、重度肝障害<Child-Pugh分類C>

記載場所

使用上の注意

注意レベル

原則禁止

 3.DIC、高度黄疸<総ビリルビン4.0mg/dL以上>、高度肝性脳症、高度血小板減少<2万/μL以下>、高度腎機能不良、高度低アルブミン血症<2.5g/dL以下>、全身出血傾向、大量の腹水貯留

記載場所

使用上の注意

注意レベル

相対禁止

 4.アレルギーの家族歴、気管支喘息の家族歴、蕁麻疹の家族歴、発疹の家族歴、アレルギーを起こし易い体質、気管支喘息を起こし易い体質、蕁麻疹を起こし易い体質、発疹を起こし易い体質、甲状腺疾患、血管造影で明らかな肝内シャント、血管造影で明らかな門脈腫瘍栓

記載場所

使用上の注意

注意レベル

慎重投与

 5.心毒性を有する薬剤による前治療、アントラサイクリン系薬剤による前治療

記載場所

重大な副作用

注意レベル

注意

 6.卵管通過性不良

記載場所

その他の副作用

注意レベル

注意

 7.門脈本幹との著明なAPシャント

記載場所

使用上の注意

注意レベル

注意

リピオドール480注10mLの副作用等

 1.肺炎、血栓塞栓症、肺塞栓、脳塞栓、門脈塞栓、脾梗塞、心筋障害、うっ血性心不全、骨髄抑制、汎血球減少、白血球減少、好中球減少、血小板減少、貧血、出血傾向、致命的感染症、敗血症、消化管出血、発熱、咳嗽、呼吸困難、胸部X線異常、間質性肺炎、肝内胆汁性嚢胞、胆管炎、胆管壊死、肝壊死、肝不全、胆嚢炎、肝障害、胆道障害、胃潰瘍、十二指腸潰瘍

記載場所

重大な副作用

頻度

頻度不明

 2.ショック、脳塞栓

記載場所

重大な副作用

頻度

0.1%未満

 3.肺脂肪塞栓像、発熱

記載場所

その他の副作用

 4.発疹、食欲不振、下痢、リンパ管炎<一過性>、甲状腺機能低下症、熱感、異物肉芽腫、心電図異常、不整脈、頻脈、胸痛、過敏症、紅斑、発赤、蕁麻疹、肝機能異常、AST上昇、GOT上昇、ALT上昇、GPT上昇、腎機能異常、BUN上昇、悪心、嘔吐、口内炎、腹痛、食道炎、胃炎、高度脱毛、皮膚色素沈着、皮膚そう痒症、皮膚糜爛、皮膚潰瘍、皮膚障害、皮膚壊死、倦怠感、しびれ、疼痛、頭痛、耳痛、耳鳴、不眠、意識障害、知覚異常、口腔内違和感、頻尿、血尿、呼吸困難、発熱、悪寒、顔面浮腫、血圧低下、ほてり、咳、嚥下障害、一過性麻痺、潰瘍、粘膜壊死、出血、背部痛、感染症、菌血症、敗血症

記載場所

その他の副作用

頻度

頻度不明

 5.皮膚炎、咳、くしゃみ、喀痰、チアノーゼ、腹痛、疼痛、油性剤の残留

記載場所

その他の副作用

頻度

5%未満

 6.胸痛

記載場所

その他の副作用

頻度

0.1%未満

 7.甲状腺機能低下症、甲状腺腫

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

 8.ショック、重篤な胃穿孔、消化管出血、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、脳塞栓、肺塞栓、急性呼吸窮迫症候群、脊髄梗塞、壊死による出血、潰瘍による出血、菌血症、発熱、慢性的瘢痕食道狭窄、肝不全、ヨード過敏症、過敏反応、疼痛、卵管壁損傷、脈管内侵入、異物肉芽腫、リンパ管破裂、塞栓、管外漏出、局所感染

記載場所

使用上の注意

頻度

頻度不明

リピオドール480注10mLの相互作用

 1.薬剤名等 : アントラサイクリン系薬剤による前治療等

発現事象

心筋障害、うっ血性心不全

理由原因

-

投与条件

注射用エピルビシン塩酸塩の調製

指示

注意

 2.薬剤名等 : 心毒性を有する薬剤による前治療

発現事象

心筋障害、うっ血性心不全

理由原因

-

投与条件

注射用エピルビシン塩酸塩の調製

指示

注意

リピオドール480注10mL

リピオドール480注10mL

をすると
閲覧履歴を40件まで利用できます